モラハラ夫チェックリスト

夫の言動に、傷ついたりモヤっとさせられたり・・・

もしかして、嫌味を言われたのかな?どうして不機嫌なのかな?

あれ?と思うことが、じつは、たびたびある。

でも、「男の人ってこういうものだよね」「疲れてるんだよね?」「わたしの勘違いだよね」と、大事にならないように、自分の気持ちを、やりすごしてはいませんか?

やりすごすわりには、常に、夫の機嫌が気になって、夫を基準に自分の行動を決めるようになったりはしていませんか?

もし、そうであれば、いちど、こちらのモラハラチェックリストをお試しください。

以下の質問について、イエスと思う数が多くなるほど、あなたとその人は、モラハラ関係に陥っていると考えられます。

 1、あなたが楽しそうにしていると、夫は不機嫌になりがちだ

 2、夫から、冗談を言われただけのはずなのに、どうしてかモヤモヤとしてしまうことが、ある

 3、夫は、あなたの家族、交友関係や、過去、仕事を否定するようなことを言う

 4、夫は、急に怒ったり、無視をするが、あなたには、その理由がわからないことがある

 5、夫に、不機嫌の理由をきいても、教えてくれないことがある

 6、話し合いたいと思っても、話題をそらされたり、論点をずらされて、会話や話し合いが成立しないことがある

 7、夫に、愚痴をきいてもらおうとすると、お説教されて、よけいに落ち込む

 8、夫は、前に話していたこと、約束と違うことを、堂々と主張する

 9、自分はおかしい、自分は頭が悪い、自分は人に迷惑をかけている、と感じることが増えている

10、夫から、ギラギラした目、あきれた目、軽蔑した目で見られることがある

11、夫には、自分の予定や行動についての報告をしなくてはいけない

12、夫は、勝ち負け、正悪にこだわりすぎるような気がする

13、家事育児は、かんぜんにあなたの仕事になっている

14、体調が悪い時に休むことに、罪悪感を感じる

15、夫は、誇大妄想もしくは被害妄想が激しい気がする

16、子どもや親戚の前で、あなたのプライドを傷つけるようなことを話す

17、夫が帰宅すると思うと、ドキドキする、ブルーになる。

18、家庭の雰囲気を明るく保ちたくて、いつも元気、笑顔でいる

19、セックスを、断われない

20、自分の気持ちを、察さないと不機嫌になる

モラルハラスメント(モラハラ)というのは、精神的暴力のことです。肉体的な暴力ではないので、被害にあっていても自覚しずらいことが特徴です。

被害者本人が、「夫婦だからこれくらい」「愛しているから、ぜんぶ受け入れたい」「たいしたことない」「これくらい普通のこと」と、我慢を重ねていくうちにも、心はボロボロに傷つき、精神的に崩壊してしまう。最悪な時には、自死を選んでしまうこともある。

モラハラは、決して楽観視してはならない。れっきとした暴力と思って対処しましょう。

とはいえ、自分がモラハラの被害を受けていることがわかっても、だからと言って、必ずしも、旦那さんが悪者、というわけでもありません。

モラハラ関係に陥っていても、その多くの場合、旦那さんは、本質的なモラハラではありません。

*本質的なモラハラとは、自己愛が病的に強い、サイコパス的である、などです。この場合は、妻をいじめることに、楽しみを見出しているため、たいへん危険です。この場合は、関係を再構築するよりも、離れることをおすすめします。

多くの場合、モラハラは関係性の病気、パワーバランスの問題です。

すべきことをすべき順番で取り組んでいけば、解決できます。

とはいえ、今の関係が長引くほど、旦那さんは、どんどんモラハラ化し、解決が難しくなります。

ですから、どうぞ、今すぐにでも、解決に乗り出してくださいね。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました