モラハラについてよくあるQ&A

モラハラは治らないと言われてますが、自分自身の受け取り方、仕草などが改善されれば、相手も変わるということですか?

このモラハラは治らないと言われてますが、自分自身の受け取り方、仕草などが改善されれば、相手も変わると言う事内容と、受け止めてよろしいでしょうか?
このご質問に、お答えするとき、お伝えすべき前提があります。ひとことにモラハラと言っても、ご夫婦により、モラハラが起きている原因は様々です。

たとえば、相手がモラハラと思っていたら、自分のほうが、モラハラだった、ということも、あります。

なんでも、悲観的にとらえてしまい、相手が言うことすべてを、自分への攻撃(モラハラ)に、感じてしまう人もいます。

でも、生粋のパーソナリティ障害者に、モラハラをされていることも、あります。

これらのモラハラ原因を探ることなしに、モラハラを解決することは、不可能だとわたしは思っています。

ただし、解決方法としては、とにもかくにも、自分を変えることです。

自分自身の受け取り方、仕草などを変えれば、相手は、モラハラできなくなります。

そもそも、モラハラが、成立しなくなります。

ですが、大事なことがありますよ。

「彼と仲良くするために、受け取り方や仕草を変える」を、すすめても、なにも変わりません。

これは、彼に「わたしは、あなたよりも下の立場の人間です。だから、わたしを大事にしてください。」と、懇願してます。媚びてます。

(この感覚、言葉にしなくても、あなたの醸す空気感から敏感に察知します)

相手によっては、その懇願を、要求と捉える人もいるでしょう。

モラハラする人タイプの人は、懇願されても要求されても、モラハラ欲求が高まります。

ますます、攻撃したくなります。

ちなみに、怒りの感情を向けても、ダメです。

相手に対して、醸すべきは、「わたしにモラハラするなら、問答無用で離れます。離婚します。」という空気感です。

大事なことなので繰り返しますが、これ、演技ではだめです。ほんとうに、離れる気持ちが必要です。

モラハラ解決は、テクニックではありません。精神性の問題です。

モラハラされない人というのは、モラハラなどされたら、速攻で、離れるのです。

「ふざけんな。なんでわたしが、こんなコトされなきゃいけないの?」と考えて、物理的に離れます。

お金がないとか、子どもが小さいとか、頼れる人がいないとか。

もろもろの事情があっても、なにかしらの方法を探し出して、離れます。

最終的に、離れてしまうのだから、物理的に、モラハラできないですよね。

この強い精神性をもった人は、もともとモラハラなどできない空気感を、まとっていますから、モラハラされないです。されにくいです。

ですから、あなたはまず、モラハラをされている=モラハラをさせていると、考えてみてください。

モラハラを、やめてほしいと思うなら、彼に変わることを要求するのではなく、問答無用で相手から離れる精神性を、もつことです。

そのうえで、最後の一戦を、挑むのですよ。

「てめ、わたしに、そんなことしてると、離婚になるけど、いーんだな?」と、本気で相手にかかっていくのです。

すると、結果的に、彼は変わります。

ただし、その変化の様子は、あなたの、求めるような変化とは、限りません。

ひょっとしたら、離婚になる可能性だってあります。

でも、それでも、いいはずです。

だって、その時のあなたは、ほんとうに、彼から離れていいと思っているはずだから。

ご相談のお申込みはコチラです。

夫の地雷を踏んで許してくれずに言われ放題で辛い。離婚したほうがいい?

夫の地雷を踏んで許してもらえません。何が地雷だったのかはわからないのですが、急に過去のことを持ち出して、怒って言われ放題言われています。

「昨年大喧嘩したのに部屋が片付けられてない‼️いったいいつやるんだ‼️待てないから荷物全てリビングに出せ‼️この部屋は俺が使う。お前には使わせない‼️」

と急に怒り出しました。

本来ならば、部屋として機能できるものを、荷物のみの部屋にしたのは、私も悪いと思うのですが、夫がいうように荷物を全てリビングに出してしまうと収納先がありません。

せめて前から置いていたタンスは置かせてほしいとお願いしてもダメ。

私もローンの一部支払っているからこの部屋は私に使わせてほしいと話せば、全部その部屋におさめてここで寝ろとか言うし…

この荷物どうしたらと言えばレンタルボックス借りろと言いっていたと思ったら、お金がないのにお前のせいでレンタルボックスを借りる出費を捻出しないといけないと言われます。

私も在宅の仕事を初めて成果報酬だから大変なのですが、夫に朝、昼ご飯用意しながら片付け頑張ってるからね、」と話せば、今まで何やってたの?と言い、「色々大変なことをわかってほしい」と話せば、いいわけだと言われてしまいました…

旦那には私の存在は邪魔なのかなって、今とても辛いです。

離婚したほうが良いのでしょうか。

旦那が話すことは正しいことはわかっています。どんなに大変でもやれば悪くなかったなとは思います。

夏休みのあいだは、家族で仲良くお出かけしたりもして、楽しませてくれていたのに、急に怒り出すなんて、しんどい。

離れたくてもそれだけの蓄えも何もないから、言いたい放題言われます。今は離れたーい

毎日、家族のために食事をつくり、片づけをする。そして、成功報酬のお仕事にも精をだす。さらに、他のお仕事探しにもいそしむ。

なかなか、ハードな生活を、おくってこられたのでしょう。頑張ってきましたね。^^

しかも夏休み!旦那さんも子どもも、家にいる。いつもに増して、部屋がごった返していく。お出かけも楽しむ。そのいっぽうで、家事に集中する時間は、減っていく。

家の中が、てんやわんやになっていくそのご様子、夏休みアルアルの情景ですよね。目に浮かびます。

そんな中、旦那さんが、怒り出したのは、ご災難でしたね・・。

「私の存在は邪魔なのか?」「離婚したほうがいいのか?」と思ってしまうなんて、よほど、追いつめられてしまったのでしょうね。

でも、ご自身では、どうですか?

離婚したほうがいいというのは、ご自分ではどう感じていますか?

さて。

こんなときの喧嘩にたいして、私がしたいアドバイスは、これ。

夫が怒り出し、妻を否定する言葉を吐いたからと言って、その言葉を、ちくいち、本気で受けとらなくていい。ああ、機嫌が悪いんだな。発散したいんだなと、理解しておけばいい。

ということ。

なぜか?

たとえば、女性が、ホルモンバランスで、気分にムラがありますよね。これを、自分で上手にコントロールできない女性が、ほとんどだと思います。

いつもは、落ち込まないようなことで落ち込んでしまったり、みょうに、人に対して批判的になったりね。

こういう感情の起伏は、男性にだって、ありますよね。人間だもの。

と、思っておくだけで、ひどいことを言われても、言葉を真に受けず、スルーできるようになりますよ。

男性にも更年期障害があるといいます。更年期じゃなくたって、生きていれば、様々なところから刺激を受け、ストレスもあります。

ストレスに負けず、家庭内でも常に、優しく紳士的でいてください、なんて妻に要求されたら、旦那さん、きついですよね。うつ病になっちゃいます。

そうとは知らず、また、自分でも気づかぬうちに、これを旦那さんに要求している奥様、多いですから、ここは、要注意ですよ。

少しの不機嫌、たまの感情爆発くらい、甘んじて受けてあげられる、妻でいてあげたら、日本のお父さんたち、もっとかっこよくなると、私は思うのですが、いかがでしょう?

つまり、久しぶりに、旦那さんが、怒り出しても、「あら、ストレスたまっちゃったのね。吐き出させてあげましょ」と、ちょっと上からの感覚で、流してみよう、ということです。

そのためにも、妻は、自分のメンタルを整えておきたいですね。

ご多忙な日々とは思いますから、30分とは言わない。たとえ、5分でもいいから、頭の中から、旦那さんもお子さんも追い出して、自分だけの時間を楽しんでみてほしいなと思います。

そして、もう1つ、知っておいてほしいこと。

喧嘩になった時は、話し合いは、ムリということ。

人が、感情的になっている時は、理解し合いたいという理性よりも、自分のほうが優位であること、正しいことを、わからせたいという気持ちのほうが、上まわりがちです。

感情が高ぶっている時は、脳みそは、いつものように、正しく機能していません。

このときに放つ言葉に、さほど根拠はありません。難しい言葉をつかったり、「いつも」とか「前から」なんて言葉を使って、信ぴょう性を高めてきますが、じっさいには、そうじゃないかもしれない。

「たった今」「きゅうに」イヤな気持ちになっただけ、だったりしますから。

あたかも、正論に聞こえるか理屈も、冷静に分析すれば、矛盾だらけでしょう。

だから、喧嘩になった時の、夫の言葉は、真に受ける必要は、ないのです。

でも、バカにしたり、ツッコんだりはしないでね。よけいに怒らせて、ドツボにはまるのが、関の山です。

「うんうん」「そうねそうね」と、真摯に受け止めるふりをして、気持ちは、スルーです。

ちなみに、このような喧嘩になったとき、どう対応したらいいのかを、書いておきますね。

言動としては、怒っても泣いてもいない普通の様子で、彼の言葉を、繰り返しつつ、明確な答えは言わないこと。

「昨年大喧嘩したのに部屋が片付けられてない。いったいいつやるんだ。待てないから荷物全てリビングに出せ。この部屋は俺が使う。お前には使わせない」と言われたら、たとえば、こんな感じに返すのです。

「そっか。わたしの、この部屋の使い方、気に入らないんだね・・。荷物をリビングに?うん・・・。あなたが、この部屋を使いたいんだね・・・。うーん・・。」

という感じの、ゆっくりしたペースで、受け答えるのです。(これは、ペーシング、というコミュニケーションスキルです。人の感情を穏やかにする効能がありますよ。)

ポイントは、「・・・」です。上手に間をつくってみてください。

すると、旦那さんは、気持ちを穏やかになっていくことでしょう。試してみてくださいね。

また、焦って答えを出してしまうと、それを言質(証拠)にとられ、あとで、また責められる原因を作りかねないので、答えは先延ばしです。

ところで、お部屋の使い方については、長い間、家庭の中での火種になっているご様子ですね。

であれば、これについては、しっかりと解決したほうがいいでしょうね。

喧嘩が落ち着いたら、あなたのほうから、部屋をどうしようかと、相談をもちかければ、ふたりで、いい結論が、出ると思いますよ。

このとき、あなたが、働くことについて、旦那さんが、実は、どう考えているのかも、きいてみると、よりよい結論になることでしょう。

ずっと、仲良くできていた。夏休みには、家族を楽しませてくれた。そんな旦那さんですから、冷静なときには、話し合いができるタイプの男性なのでは?と、わたしは推測するのです。

ただし、もし、日常的に、夫から、言いたい放題言われている、支配をされている、と、感じるのなら、それはモラハラの可能性がありますから、根本的に、夫婦関係の改善を考えたいですね。

旦那さんとあなたの価値観に、大きな隔たりはないか?

繊細過ぎるところはないか?思い込みが激しいタイプではないか?

言いたいことを、上手に伝える。相手の言うことを正しく理解するコミュニケーションスキルがあるか?

そんなことを確認してみる作業に、取り組んでみることをおススメします。

ご相談のお申込みはコチラです。

「誰の金で生活してると思ってる?」という夫の目的は?いい返し方は?

夫がすべてのお金を握っています。「誰の金で生活してると思ってるんだ!」と何度も言われているうちに、夫がモラハラだと気づきました。夫に逆らうと、生活費がもらえず、暮らしていけないという恐怖があります。 離婚をほのめかされると、自分もこんな人と一緒にいるのは嫌だと思います。でも、お金がなく生きていけないので出て行けない。 なので、おとなしくしています。

家にいるのにあまりにも気をつかいながらオドオド暮らすのは落ち着かなくて自分が病んでしまいそうです。

なにが夫をいらだたせているのか知りたいです。

専業主婦や、パートでの働き方をしている奥様が、夫に、「誰の金で生活してると思ってるんだ!」と言われても困る。それに、しょうじき、ビックリしませんか?

たしかに、お金を稼いでくるのは、夫。 でも、掃除洗濯、料理、子どものお世話。これを専業主婦としてやっていくというのは、会社で働くのとは、違う大変さがありますよね。

とくに、今は、子どもが小さくて、育休中。親の介護中など。やむなく専業主婦をしているとすれば、悔しくて歯がゆくて、たまらない気持ちになるでしょう。

日中に、妻がどんなたいへんな過ごし方をしているか。そんなことも想像しないで、お金を稼ぐ自分のほうが偉い、という言い分には、不快感で、たまらなくなりますよね。

自分の、がんばりを評価してくれない夫に、悲しくなる。そして、金食い虫のように扱われると悔しいですよね。

ところで、「誰の金で生活してると思ってるんだ!という夫が、何に、いらだっているか?」の答えですが、妻からの感謝や褒めが足ないことに、いらだっている、と解釈すると、いいですよ。

(これについては、あとで、説明しますね)

そして、「誰の金で生活してると思ってるんだ!」、こう言われたときの返答ですが。

ぜったいに、やめたほうがいい答えが、ムキになって、「わたしだって、頑張ってる!」と言い返すこと。

もっとも理想的な答えは、 「うん、あなたのおかげだね。いつも、ありがとう」「お仕事頑張ってくれてるんだよね。感謝してるよお」などと、 ニコッと明るい笑顔で、褒め殺す(!)こと。

と、これを読んだ瞬間に、「ムリ!」と、思ったあなたにこそ、この記事を最後まで、読んでいただきたいと思います。

ところで。

「誰の金で生活してると思ってるんだ!」について、サクッと冷静に言い返せる奥様とその旦那様は、モラハラ関係ではありません。

ふつうの夫になら、答えられるであろう、「私もがんばってるから」「じゃあ、あなたは誰のおかげで働けて、誰のおかげで家でくつろげるの?」などというセリフも、モラハラ夫相手に、通用しません。 言い返したときの、倍返しが、容易に想像つくから、言えないのです。

日頃から、なにかと、威圧され、攻撃されているからこそ、「誰の金で生活してると思ってるんだ!」の答えに、窮してしまうのです。

だからといって、黙り込んでしまっても、その通りだと認めるみたいだし、さらに攻撃されることも、予測できますよね。

それに、何も言わずにスルーしようとするにしても、それはそれで、心の中のしこりとなってしましまね。

ちなみに、この言葉を真に受けて傷ついてしまうのも、家事も育児も、完璧にやろうと、努力をしているからこそです。

掃除洗濯は、完璧。お仕事を頑張ってくれる夫が、家で気持ちよく過ごせるようにと、毎日必死に、頑張ってる。 夫に恥をかかせないようにと、あらゆる社交に気遣いを怠らない。

冠婚葬祭、お中元やお歳暮のご挨拶も、失礼のないように、リスト管理までしている。 ほんとは苦手な夫の両親や親族にも、まめに連絡をとる。そんな努力をしている。

子どもの習い事は、きっちりと送迎する。宿題も丁寧に見る。有害なメディアは見せない。 歯磨きもちゃんと指導して、お風呂上りは、ドライヤーをかけてあげる。 栄養のあるものを食べさせようと、献立もじっくり考える。夜20時には、寝かせる。

そのあとに帰宅する夫にも、しっかりと夕食を準備する。 こうしていると、1日はあっという間だし、自分が休む時間など、ほとんどない。

こんなふうに、日頃、最善の努力をしているからこそ、夫の「誰の金で生活してると思ってるんだ!」という言葉に、 驚き、失望し、傷ついてしまうのではないでしょうか?

さてさて。

では、なぜ、夫が、「妻からの感謝や褒めが足りない」と感じているのか?

これは、妻の責任ではありません。

もともと、自分で劣等感が強い男性なのです。 自分で自分を評価してあげられないだけのです。

自分で自分をすごいと思えないぶん、常に、誰かに褒めてもらっていなければ、落ち着かなくなってしまう。 褒めてほしくてたまらない。

モラハラ夫は、承認欲求のカタマリなのです。かわいそうな人なのです。

そして、とくに、褒めてもらいたい相手は、妻。

だって、いちばん身近な人ですからね。(そして、おそらく彼にとって憧れの対象)。

となると、平和な夫婦関係をにしたいと考える妻が、すべきことは、日常的に、夫の承認欲求を、満たし続けてあげること、となります。

承認欲求を、上手に、満たしてあげれば、「誰の金で生活してると思ってるんだ!」のセリフで脅すことはなくなります。モラハラは鎮静化していきます。

ただし、これは、奥様が夫よりも数段上のメンタルをもっているからこそ、できる技。

今のところ、モラハラ三昧な夫に対して、褒めてあげる。承認欲求を満たしてあげるなど、抵抗がある女性が、ほとんどだと思います。

褒めるどころか、恨みを晴らしたい。そんな気持ちのほうが、強いかもしれません。

また、夫への恐怖心がありすぎて、そんな対等な態度など、とれる気がしないかもしれません。

その感覚、ふつうです、それが、ふつうです。 わざと傷つけてくる夫に、そんな優しい気持ちをもち続けていられるほうが、危険ですからね。

ですから、ここで、あなたが反省する必要は、いっさいありませんよ。

ただし。モラハラを解決して、平和な夫婦関係を目指したいのであれば、いちど、ゆっくりと、あなたの心と、ふたりの関係について、見つめてみましょう。

あなたと旦那さんの関係が、モラハラにもつれこんでしまう、理由を、探ってみましょう。

そして、夫に対する、恐怖や憎しみを解放する。気持ちを整理してみる。あなたの心を穏やかにすることを、進めてみましょう。

その後なら、あなたは、旦那さんに対して、数段上のメンタルをもって、接することができるようになります。

とても素敵な感じの、上から目線をもち、旦那さんのモラハラ言動に、翻弄されなくなります。 夫を褒めて手の平で転がし、モラハラを鎮めていくことができますよ。

ご相談のお申込みはコチラです。

うちの夫のモラハラは治るのでしょうか?の答え

モラハラ夫はよくなる… 夫の関係はよくなると思っていて良いのでしょうか? 私は最終的には相手に変わってモラハラをしないようにしてほしいと思っています。
モラハラ夫との関係を改善しているというエピソードを、読めば、「じゃあ、うちの夫のモラハラも治るの?」と思いますよね。

この、直球の質問こそ、モラハラ夫をもつ奥様が直球でききたいことだと思います。
そして、わたしは、これについて、とても慎重にお答えいしたいところです。
ここより下は、ぜひ、ゆっくりと、冷静に、何度も、読んでみていただければと思います。
もし、モラハラが治る=夫はモラハラを悔い改め、言動を変えること、と定義したとするなら、モラハラが治るかどうかは、「人によります」としか、言えません。
あなたの旦那さんが、なぜモラハラをするのか、その原因次第だからです。
モラハラの原因には、自己愛性人格(パーソナリティ障害)や、発達障害、アダルトチルドレン、モラハラ的コミュニケーションしか知らない、以前の喧嘩が終わっていない、などなどがあります。
このうち、「モラハラを悔い改め、言動を変える」ことを諦めたほうがいいいのは、強めの自己愛性人格(パーソナリティ障害)の夫です。
この場合、妻が、何をしてもモラハラは、続くことでしょう。
ですから、残念ですが、妻からすれば、「夫の言うことや、やることに、恐怖を感じなくなった。スルーできるようになった。」 が、最高の状態となってしまします。
それでも、恐怖を感じなくなりスルーできるようになるだけで、だいぶ、毎日のストレスが激減するはずですね。
それに、じつは、ご相談をお受けしていて、ここまで強い、自己愛性人格(パーソナリティ障害)の夫って、多くないですから、関係修復は諦めないで欲しいなと思います。
自己愛性人格(パーソナリティ障害)でも、弱めであれば、「ああ、僕は、おかしかったなあ」と反省してくれることも、あります。
発達障害であれば、夫が自分が発達障害であることを、理解して受け入れていくれているなら、「こんな時は、こうしてね」と明確に伝えることや、言動を、反復練習してもらうことで、改善する可能性も、あります。
また、旦那さん=発達障害なのではなく、発達障害ももっている夫、という感覚に、妻が切り替えていけると、関係性は、改善していきます。
アダルトチルドレン、モラハラ的コミュニケーションしか知らない、以前の喧嘩が終わっていないなどの結果、モラハラ化している夫であれば、奥様の対応次第で、いずれ、自分の行いについてを反省するときは、きますよ。
ところで、どんな理由で夫がモラハラ化しているにしても、その夫を変えるには、まず、妻が、ご自身の感受性や、夫への受け答え、表情、言動を、振り返り、修正をしていくことが、先です。
これは、モラハラする夫よりも、妻に責任がある、ということでは、ないですよ!自信をなくしたり、反省する必要、ないですからね。
ただ、現状、夫のモラハラに困っているのは、夫ではなく、妻です。 なので、今の感受性や、夫への受け答え、表情、言動だから、夫のモラハラを誘発している。もしくは、定着、強化させてしまっていることは、理解していただく必要があるのです。
この理解が解決のためのスタートです。 このとき、人によっては、痛みを感じる作業になることも、あります。 でも、そこを少し我慢した先には、今とはまるで違う、楽な世界が待っているので、少しだけ、踏ん張ってくださいね。
(でも、何度も言いますが、だからと言って、悪いのは、モラハラ行為に、うったえる夫のほうですよ。どんな理由があろうとも、意地悪、暴言、人格否定、無視、威圧、家事育児への非協力は、ダメですよね。)
さて。 がんばって、自分の感受性や受け答え、表情、言動を調整していった先で、あなたは、「夫の言うことや、やることに、恐怖を感じなくなった。スルーできるようになった。 」という自分の変化を、感じることとなります。
そして、そんなあなたの変化を受け、ほとんどの夫が、モラハラ言動を鎮静化していきます。 先も書きましたように、強めの自己愛性人格(パーソナリティ)障害であれば、ここまでが限度かもしれません。
それ以外であれば、どんどん夫が、モラハラは鎮静化させていく様子を、見ることになるでしょう。
そして、いずれ「あの頃のあなたは、モラハラだったよね」なんて笑える日もきます。
ちなみに。そんなふうに笑える日がきた時には、「夫はモラハラを悔い改めてほしかったけど、べつにもう反省とか、してくれなくてもいいや。」なんて、気持ちに、変わっているころでしょう。
そっか、それなら、モラハラ解決、やってみようとお思いになったら、ご相談くださいね。

ご相談のお申込みはコチラです。

先に無視したのは妻と脳内変換するモラハラ夫に、どう対応すべき?

 

無視が得意技のモラハラ夫。

 

無視は、やめてほしい、と伝えたら、「無視はお前からしてきた」と、言い放たれて、驚愕。

たしかに、夫の無視が始まってからは、自分の心を守るため、家の中で姿かたちを見ないようにしてた。でも、それは、夫のモラハラから、自分の心を守るための防御策にすぎない。

先に無視をしてきたのは、あくまでも夫。なのに、夫の脳内では、私が先に無視をした、に変換されるていたなんて・・。

また無視が始まったら、どう出たらいいのでしょう?

どう出たらいいか?

その答えは、いつもどおりの生活を続ける、です。^^

同じ家に住んでいる相手に、無視をされるって、本当に、きついですよね。

でも、実は、無視って、あなたに、すごく興味があるからこそ、するのですよ。

試しに、旦那さんを無視するところを、想像してみてください。

すぐそばにいるのに、わざと、目を合わせない。「綿棒、どこにあるの?」と、聞いたら、すぐに解決するのに、聞かなければ、自分で探し回るはめになる。

普通に、めんどくさくないですか?

そんな、めんどくさいことしてまでも、必死に、「俺、怒ってるんだぞ」を、アピールするって、旦那は、かなり、エネルギーのいることしてるんだなあ、と、実感するはずです。

無視が得意のモラハラ夫。じつは、いつもたいへん、お疲れ様なのです。不憫なのです。むしろ健気でさえ、あるのです。

では、どうして、そんなメンドクサイことを、しないではいられないのか?

それはね、妻の反応をみて、安心したいからです。

自分が、妻を無視をすることで、妻がどれだけ、凹んでくれるかを、観察したいのです。

そして、妻の凹み具合が強いほど、

「自分は重要な存在である」

「人に影響をあたえるほどの、すんげービッグな存在である」

と、思って、自信をもてるのです。

だいぶ、やり方が歪んでいますけど、要するに、「僕、生きてる価値ありますか?」の、確認作業をしてるだけ。

「愛して愛してー、バブー」って、求愛してる行為と、解釈してしまって問題ないです。

それから、夫が、無視を繰り返すというのは、これまで、あなたを無視したことで、彼なりの目的を達成できているからです。

傷つく妻を見て、「俺様スゲー存在のでかさだ」と、思えるからこそ、また無視をするんです。癖になっているのです。

このままでは、ずっと、無視が続きます。

ですから、これから、あなたがすべきことは、、

①その確認作業は、もう通用しないのよ、を教えること

そして、

②わざわざ、そんなメンドクサイ確認作業をしなくても、あなたは十分に自信をもっていい人だから、安心しな、と教えてあげること

このふたつです。

①について。次回、また無視がはじまっても、慌てず、恐れず。

「あー、また自信がなくなっちゃったのね。かわいそうに。」と、ちょっと上から目線で、同情してあげること。そして、通常と変わらない生活をつづけることです。

ふつうに食事をして、お風呂にはいり、テレビやネット、YouTubeをみて、ひとりで勝手に笑ってる。それから、「おはよう」「おかえり」「おやすみ」は言い続けましょう。どうせ、無視されるでしょうけれど、気にしない。気まぐれな猫ちゃんを飼っているとでも思いこみましょう。(猫は可愛いけど、無視する夫はかわいくないとか、そういうツッコミはしないでね。)

無視を始めたら、夕食も食べなくなる夫だとしても、できれば作り続けたほうがいいです。でも、彼が、つくった食事を食べなくても、怒ったり、傷ついたりの表情をするのは、やめましょう。

残された食事は、鼻歌でも歌いながらラップをする。そして、そのまま、あなたの翌日のランチにスライドです。ランチづくりの手間が省けるのだから、ラッキーなのです。

で、ずっと夕食スルーを決め込んでいた夫が、とつぜん食べても、「食べてくれたのね」なんて、喜びの表情を見せちゃ、だめです。

急に、無視をやめて、話しかけてきても、ずっと普通に会話があったかのような、素振りで、話しましょう。舞い上がったら、彼の勝利です。

それと。「どうして無視をしたの?」なんて、きくだけ野暮です。そこでまた、調子にのらせちゃうので、聞かないこと。

そして、これは、心に余裕があったらでいいですが、②の、「あなたは十分に自信をもっていい人から安心しな」を、やってみましょう。

要するに、褒めるとか、感謝を伝えるとかです。

彼の存在を、能力を、肯定してあげるのです。ちょっと、かっこよく言うと、承認欲求を、満たしてあげるのです。

でも、とてもじゃないけど、そんな気分になれないのなら、ムリしなくて大丈夫。ただ、あなたは勝手に、いついかなる時も、ご機嫌で楽しく過ごしていてください。

ところで。これら、一連の流れは、「あなたの攻撃は、私の生活を脅かすほどのものじゃない。私を傷つける威力ないよ」を、伝える作業と考えてくださいね。

せっかく無視しても、妻にはなんのダメージを与えない、となれば、いずれ、旦那さん、無視していることが、バカバカしくなります。そして、無視じゃない形で、あなたに、「僕すごい?」を確認するように、変わっていきます。

その時は、ぜひ、女神の笑みで、「YOU、ワンダフォーよ」と褒めてあげればいいです。そうしたら、彼は、女王に褒められた兵士のように、喜びますから。

その日を、楽しみに、待ってみて下さいね。

でも、無視をしてくる夫に、そんな大らかにいられるほど、強靭なメンタルをもっていない。

でも、強くなりたい、とおっしゃるあなたは、ご相談下さいね。

ご相談のお申込みはコチラです。

不機嫌な夫に気を使うと余計に不機嫌になる。夫は一体どうしたいの?

夫が不機嫌でいられると、家族に、緊張が走る。ドキドキする。怖い。はやく機嫌を直してほしくて、気を使う。話し合いをしようとする。でも、夫はさらに不機嫌になる。お前は考えナシだ。人の気持ちがわからない。と暴れだす。いったいぜんたい、旦那はどうしたいんだろう?
まず、大前提として、男性と女性の脳みそが違うことを、思い出してみましょう。もともと、男性って、ひとりの時間がないと、おかしくなる生態です。

ひとりの時間て、すなわち、あなたや家族と、コミュニケーションをとらない時間、と考えると、わかりやすいです。

ゲームしてる、スマホいじってる、1日中ソファで寝るとか、ガンプラいじってるとか。

働き者の妻からすれば、単なる怠け者に見えるかもしれません。「そんな暇があるなら家事も育児もしてほしい!」って、イライラーッ!ときてしまうのも、ものすごく、わかりますよ。

でも、考えてみれば、古き良き時代の父親たちも、囲碁とか将棋とか、1日中新聞を読んでいたりとか、書斎からでてこないとか。あったはずですよね。それに比べると、ゲームとかスマホとかって、なんとなくチャラく感じますが、実は、その内容に、大差ないのではないかと思います。

私自身、男じゃないので、断定はできないのですが、おそらく、男性のそれって、女性にとってのおしゃべりとか、いつまでもお風呂に入ってるとか。美味しいもの食べるとか、泣けるドラマ見るとか。それと、同じ感覚なのだと思いますよ。これがないと、わたしたち女性も、爆発しちゃいません?

要するに、旦那さんが、あなたや子供たちとコミュニケーションを断っているのは、ストレス発散中ということ。翌日や翌週に、また元気に生きる為に、頭を空っぽにして、疲れた心を休ませる時間。癒しの時間なんです。これがあるから、明日、職場で、パフォーマンスの高いお仕事に臨めるのです。

さて。「わたしには、夫を怒らせるようなことをした覚えがないのに、なぜか、夫が勝手に不機嫌になる」というのも、これにあたりますよ。

旦那さんは、ただ、ボンヤリしてるだけ。頭を空っぽにして、疲れた心を休ませているだけなのです。でも、もともと、お顔が怖いから、怒ってるように見えるとか。威圧感じちゃうとか、そんなこともあることでしょう。

ちなみにこれを書いている、まさにこの瞬間、うちの旦那さんは、口数少なく、目をつむって過ごしています。思えば帰宅時から、不機嫌かもしれない。でも、わたしは、完全放置です。

男にとって、放置してもらえることこそが、愛。

こうして放置しておけば、朝には勝手に元気になって、ゴロにゃーん、って感じです。

だがしかし。

もし、わたしが、「なんかあったの?機嫌悪いの?ねえ、怒ってるの?怖いよ。笑ってよ。ねえ、返事してよ。わたし、なんかした?」なんて詰め寄る。もしくは、そんなオーラを出していたら、きっと、夫は、本当に不機嫌になることでしょう。

ですから、妻は、夫が不機嫌でも、ほんとに、気にしないのがいいですよ。

と、言ってもです。とくに、愛溢れる家庭を夢見る、心の柔らかい奥様たちは、どうしても、気になってしまうようですね。

そこで、あなたに、こんな方程式をお教えします。

女性の方程式:放置=無関心=愛がない

男性の方程式:放置=信頼=愛がある

つまり、旦那さんのことは放置しておいてあげるのが、ベストアンサー。そして、放置と無視は似て非なる。

うっかり、女性の方程式をあてはめて、不機嫌顔の、旦那さんを癒してあげたいとか、笑わせてあげようなんて、思わなくていいんです。だって、そうするほどに、うざがられるのですから。

あなた流の愛情を示そうとした結果、キレられて、傷つくなんて無駄よ。飼い犬に手を噛まれたようなショックを受けるし、うちの夫はひどい、モラハラだ、と感じたりするでしょう。無駄に。

それと、もう一つの観点として、男女関係なく、マネジメントやクリエイティブなお仕事をするひとは、身体はここにあるけれど、頭は、お仕事モードだったりする。そんなことも、覚えておくといいですよ。

要するに、夫が、不機嫌だろうと、それはぜんぜん、あなたのせいではありません。無駄に責任を感じる必要はないです。ほんとに責任ないのですから。

ですから、あなたは、ひたすら、勝手に、自分の生活を楽しんでいれば、万事オッケー。うまくいくのです。

ぜひ、ひたすら放置を、心がけていきましょう。

ただ、何も言わず、穏やかな雰囲気で、そっと、コーヒーやお酒など、旦那さんの好きなものを、さしだしてあげたら、うちの妻最高、と思ってくれるかもしれません。

なんて、書いてきましたが。

じつは、これが、あてはまらない、旦那さんもいます。放置しようとしても、それもできない。放置すれば、更に不機嫌になる。それが、かんぜん完璧モラハラ夫です。

モラハラ夫は、放置すると、にらんできたり、呆れたような憐れむような目つきで見つめてくる。咳払いや溜息で、あなたの気をひいたりする。「わたし、なにかした?」ときけば、「ほんとにわからないの?バカだね。気が利かないね」なんて責め始める。

「俺を大事に思ってない」「俺が心配じゃないの?」ときいてくる。それに対し「もちろん、大事よ」と答えても、信用しない。話をそこでおわらせない。妄想や思い込みで、あなたの不倫や浮気を責め立てる。

もしも、あなたが、この記事を読んで、「あ、そうそううちの夫そのタイプです」ということでしたら、こちらのモラハラチェックをお試しになってみてください。

旦那さんのモラハラチェックリスト

チェックの結果、やはり、モラハラの可能性があるとすれば、早めに、対処に乗り出してくださいね。

ご相談のお申込みはコチラです。

モラハラをされていても旦那さんを愛していれば解決できるって本当ですか?

モラハラをされていても旦那さんを愛していれば解決できるって本当ですか?私はもう主人を愛しているのか分かりません。おそらく愛していません。

嫌いになりきれないというのはありますが…。

いくら夫とはいえ、自分に危害を加える人を、それでも「愛してる」と、感じすぎているのは、危険ではないでしょうか?

ですから、あなたのように、「嫌いになりきれない」というお気持ちくらいが、人として安全だと思います。

それなのに、わたしが、「モラハラをされていても旦那さんを愛していれば解決できる」というのは、夫を、憎い、嫌いという気持ちでモラハラ解決に取り組んでも、しんどくて、いいパフォーマンスができないからです。

というのは、わたしのお伝えする、モラハラ解決法は、ご夫婦、お互いの愛情を、引き出して、循環させていく方法なのです。

最初は、あなたが、旦那さんのことを理解することや、ご自身の感受性や、言動を振り返っていただきます。

また、あなたから、先に、旦那さんに、愛情を見せ、気持ちよくさせてあげることも必要です。

でも、最初は、旦那さんは、あなたの愛情を受け入れてはくれません。

旦那さんが、あなたに心を許すまで、ある程度の根気が必要です。

根気とは、動機(モチベーション)です。

どうしても、夫と、一緒にいたいんだ、という気持ちです。これが、愛情であり、結婚生活を続ける明確なメリットなんですね。

最初、どんなに夫に無下にされても、あなたが、、彼といたいと思う、愛情やメリットが明確でなければ、夫婦円満を目指すこと自体が、バカバカしく、虚しく思えてくるでしょう。

それでも、対処を続けることで、必ず、彼は変わっていきます。少しずつ、彼のいいところも、見えてくるでしょう。

そこに、ほのかにでも、愛情を見出せたら、愛が循環しはじめる。

すると、モラハラ解決のためにするアレコレも、楽しくなります。

そして、結果的に、仲良しさんになっていけるでしょう。

さて。

でも、愛しているのかさえ、わかならいのであれば、あなたの本当の気持ちを確かめるところから、スタートすれば、いいですよ。

ご相談のお申込みはコチラです。

PAGE TOP