家庭内モラハラってどういう意味?なにされるの?どうして大事な子供や夫や妻に、そんなことするの?

早山そうやまさくらです。

・モラハラ解決のコツ
・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方

をお伝えしています。

最近では、モラハラ夫だけでなく、モラハラ妻、モラハラ父、モラハラ母などのことも、よく耳にするようになっていますね。

家族って、世界中の人が敵になっても、味方でいてくれるはずの存在じゃないの?それなのに、なぜ、その家族が、家族を、傷つけるようなことをするの?わざとやってるの?何が目的なの?解決できるの?

って、不思議な気持ちになる人がほとんどだと思います。

また、夫や妻に、モラハラだと言われたけど、なんでそんなふうに言われるのか、納得いかない。あっちこそモラハラなんじゃないのか?と、悩んでいる方もいるでしょう。

この記事では、家族からのモラハラに苦しんでいるあなたにむけ、そもそも、モラル・ハラスメントとはなんなのか?どうしたら、愛の通う家族になれるのかを、お話していきたいと思います。

1,家庭内モラハラってどういう意味?なにされるの?どうして大事な子供や夫や妻に、そんなことするの?

2,NOと言えない支配関係での価値観の押しつけ

3,洗脳し、自分を嫌いにさせる精神的虐待

4,大事な人だからこそ、深刻なモラハラに発展する

5,モラハラ被害者の心理 モラハラとは魂の殺人

6,自己愛性パーソナリティ障害者のするモラハラ

7,自己愛性パーソナリティ障害以外のモラハラ原因

8,愛を循環させるモラハラ解決法をオススメします

モラハラとは正義を使った嫌がらせ、いじめのこと

モラルハラスメントを、そのまま日本語に訳せば、道徳、倫理、生き方などについての嫌がらせ、ということになりますよね。

道徳、倫理、生き方とは、つまり、正しさ、正義にまつわる嫌がらせということなんですよね。

家庭の中での正義というと、教育であったり、親として、妻として、夫として、こうあるべきだ、それはダメだろ、その家事のやり方は変じゃない?なんて感じでしょうね。

正義は人の数だけある

でも、そもそも、正義って難しいと思いませんか?

だって、この世のすべての人に当てはまるような、絶対的な正しさなんて、存在しないと、思いませんか?

たとえば、日本では「人に迷惑をかけるな」と教わることが多いですね。迷惑をかけないことが正義。

でも、そもそも、なにを迷惑と感じるかは、人それぞれだから正義も人それぞれになるはず。

なんなら更に言えば、インドでは、「自分も人に迷惑をかけているのだから、人の迷惑も許そうね」と考えるらしいですよ。迷惑を許すことが正義。

正義は、人の数だけある。

あなたは間違ってる!と言われたら?

私も正しいし、あなたも、正しい。

今、わたしが、こうお伝えしていることも、「間違ってる!」と指摘したくなる人も、いるはずです。でも、そう考える方の意見も、間違っていない。

あなたも、わたしもオッケーです。どちらも正しい。


人それぞれ、自分の頭の中、心の中に生まれるすべての感情、自然に湧く思考、オールオッケー。

それなのに、、

「旦那の考え方は、おかしい」
「妻の常識は、なってない」
「子供のそんな生き方は、ずれている」

と、自分なりの正義を、さも当たり前かのように、言われたら、つらいですよね。悲しくなりますよね。怒りもわくかもしれません。

けれども、「あなたの考え方、常識、生き方はおかしいわ」と、赤の他人に言われたらどうでしょう?

どれほど、嫌な気分にさせられたとしても、「は?なに、この人、めんどくさい人だな、失礼な人だな」くらいで、済ませられることでしょう。

だって、離れることができるから。

だから、この範囲なら、まだ、モラハラとまでは、いかないでしょう。

【モラハラとは】NOと言えない支配関係での価値観の押しつけ
早山そうやまさくらです。 「あなたの考え方は、おかしい」 「常識は、なってない」 「そんな生き方は、ずれている」 赤の他人にこんなことを言われるのは当然、傷つきますし、腹もたつ。でも、簡単に離れられる関係なら、無礼な人、変な...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました