モラルハラスメントとは?モラハラ夫の特徴と行動事例

モラルハラスメント(モラハラ)とは、何か?

モラルハラスメント(モラハラ)とは、精神的暴力(DV)のことです。 身体的暴力を伴わない、暴力です。
考え方や価値観を否定する。無理難題を押し付ける。 言葉や態度で、否定する。 存在自体を否定する行為です。
モラハラとなる行為、ひとつひとつを見れば、些細な事に思えるかもしれません。
ですから、被害を受けている側も、自分の勘違いかな?と思ったりもします。
でも、モラハラとは、一過性のものではありません。なんどもなんども、ネチネチとしつこく、繰り返されます。

夫婦間のモラハラ行為について、第三者に話せば、ただの夫婦喧嘩と言われるかもしれません。でも、問題は、繰り返し繰り返し、されることなのです。

逃げ場のない家庭内で、そのように追いつめられれば、被害者は、徐々に、自信を無くしていく。精神的に追い詰められていきます。うつ状態となり、うつ病となっていきます。

モラハラ夫から妻への行動20パターン

以下に、クライアント様からうかがう、モラハラ夫の様子で、とくに多いものをあげてみます。

1.家の中で、あからさまに不機嫌な態度をとる
2.妻を、見下す発言、暴言を吐く
3.飽きれたような表情をする
4.舌打ちをする
5.おはよう、おやすみ、など基本的な挨拶をしない、聞こえないふりをする
6.妻の食事を食べない、美味しくないアピールをする
7.自分の休みを家族に教えない
8.すぐに浮気を疑う
9.裏切り者扱いをする
10.自分の考えや言動こそが正しいと主張する
11.すぐに論点をずらし、話し合いができない
12.妻の頑張りや仕事を認めない
13.妻の実家、家族、交友関係を、悪くいう
14.妻に教育的指導をしようとする
15.自分の失敗を妻に責任転嫁する
16.妻に謝罪を要求し、反省としてセックスを要求する
17.あからさまな嘘をつく
18.毎回、言い分が変わる
19.お金への執着が非常に強い
20.妻の大切なものを雑に扱う、勝手に捨てる

自分の買いたいものは、どんどん買うのに、私が買うもにには、すぐに高い、無駄遣いと責めてきます。

私のローンで車を買って、支払いも、私がさせられてます。

子どもに、私の悪口を吹き込むんです。

GPSで居場所チェックされてます。

モラハラ夫の5つの特徴

モラハラ夫は、外と家の中での顔が、まったく違います。第三者からは非常に評判がよいことが、特徴です。

第三者からはだいたいこんな風に思われています。

1.勤勉で努力家だ
2.優秀な人、社会的な成功者
3.マメで優しい、気配り上手な人
4.家族思い、優しい旦那さん
5.苦労、辛い過去を乗り越えた人格者だ

夫がモラハラ化する原因とは?

一言に夫がモラハラと言っても、その原因は、ご夫婦により違います。
カウンセリングをお受けする中で、よくある原因をあげてみます。

1.幼少期の家庭内環境
(親がモラハラやDV、過干渉)
2.発達障害
3.パーソナリティ(人格)障害
4.アダルトチルドレン
5.過去の喧嘩が終わっていない
6.妻への不信感、先入観がある
7. 口下手でコミュニケーションが苦手
8.本当は寂しがりやさんでかまってちゃん

なお、これは、夫だけでなく妻側が、上記にあてはまっていることも、あります。
夫に原因があると思っていたら、実は、自分の不安定さが、夫をモラハラ化させていた。
そんなことも、ありますよ。

モラハラ夫と妻の家庭生活 5つの事例

ご相談事例の一部をご紹介します。

モラハラされている奥様の、日常が、イメージできると思います。

共働きのご夫婦。妻はフルタイムで働いている。

仕事から帰宅して、夕食をつくり、こどもの宿題をみて、お風呂にいれる。その合間に、掃除や洗濯。毎日てんてこ舞い。

夫にヘルプを頼んでも、協力はしてくれない。

断るときのセリフは、「俺のほうがたいへんな仕事をしてる」「お前の仕事は趣味。どうせたいしたことしてない」「お前は好きで働いている。」

「家事に支障がでるなら、仕事をやめればいい」など。

そう言われるのがつらくて、けっきょく、妻は、多忙極まる毎日を続けている。もう、気力も体力も限界。

そして、実際には、妻が働くのをやめれば、生活はできない経済状況。


夫婦で飲食店を経営。

夫は、俺のおかげで、暮らしていると豪語。奥様の、ちょっとした、オーダーミスや計算ミスを、鬼の首を取ったように責め立てる。

「脳ナシ。何度言ってもわからない」「何もできない女」「言ってもわからないんだね。反省しない」「俺を苦しめることしかしない」

「自分のことしか考えてない偽善者」「わがまま。自己中心的な考えしかしない」「嘘つき」など。

人格否定をされつづけ、妻は、精神的に追い詰められている。

夫は、自分のミスは絶対に認めない。妻に責任転嫁をし、自分を正当化する。


夫は、「おはよう」も「お休み」などの挨拶をしない。

子どもを問題児扱いをする。そして、その問題を、奥様の監督不行き届き。母親失格として高圧的に、叱責する。

些細な事で、切れ、何日も無視をした末、セックスを要求。断ると、生活費をくれなくなる。

妻は、子どもへの被害、悪影響があるのではないかと、離婚すべきではないかと悩んでいる。


何が原因なのかわかならいが、時々、とつぜん、無視がはじまる。話し合いをしようにも、会話自体がないので、ムリ。

いつもどおり、夕食を作っておいても、無言で自分の部屋に直行。奥様が作ったものを、食べないって決めてる様子。

だけど、作っておかなければ、また、「意地が悪い」「怠慢」「離婚するしかない」などと、責められる。

責められるのが悔しい妻は、がんばって、毎日、つくり続ける。

夫の無視は、奥様にだけだ。子どもにはいつもどおりに、優しいパパ。安心するが、よけいに傷つきもする。

しばらく無視が続いたあと。夫は、きゅうに、にこやかに話しかけてくる。何事もなかったように。


もともとは、優しくて、おもしろい旦那さん。そんな旦那さんは、子どもが生まれてすぐに、奥様を無視するようになった。泣きながら理由を聞くと、「とにかく、お前の何もかもがイヤだ」と答える。

からだの一部が触れただけでも、ばい菌を触ったかのような顔を、されてしまう。奥様は、どうしていいのかわからずに、悩み続けている。

どうやら、夫は、不倫をしている気配がある。

さあ、いかがでしょうか?

読んでいて、「ああ、わかるわかる」と、心が痛くなるあなた。似たようなことを、されているのでしょうか?

そうであれば、どうぞ、いますぐ、解決にのりだしてほしいのです。

モラハラ解決にはコツがあります。そのコツに従い、すべきことを、丁寧にすすめていく。

そうすれば、あなたも、必ず、モラハラから解放されます。

こんなふうに。

  • 普段の険悪ムードから更に悪い方へ発展していくパターン、いまのところ回避出来ています。
  • 夫と同じレベルで無駄に怒りかえしたりする必要がなくなりました。
  • いつものようなドロ沼にならず、私のイライラも、最小限に抑えられた気がします。
  • 向こうから歩み寄ってくることも多くなってきた気がします。
  • 考えがガラッと変わり、とても気持ちがラクになりました。
  • まだまだ始めたばかりなのに、つい数日前の自分の考え方とは違うし、こんなにも劇的に変われるものなんだなと自分でも驚いています。
  • 苦しくて愚痴って泣いてばかりだったわたしが、自分で決める力をもてました。

モラルハラスメント(モラハラ)についてよくある質問

このまま、夫にモラハラを受け続けると、どうなりますか?
モラハラは、そのまま放置すれば、心も体も弱ってしまいます。イライラがとまらなくなる。無気力になる。倦怠感がぬけない。不眠。そして、うつ病。年を重ねれば、認知症になる可能性も、高まるそうです。そして、夫婦仲は、悪化するのが一般的です。
モラハラは、魂の殺人と言われています。


本来なら、もっとも守ってくれるはずの存在の夫。その夫に、日常的に攻撃されれば、 生命力が、消えていきます。
何をしていても、楽しめなくなる。生きているのが辛い。 自分なんて消えてしまえばいいと感じる。
しまいには、ご自身で命を絶ってしまわれる方も、おられます。悲しすぎますね。
こんなに、陰湿で、ひどい暴力は、ない。わたしは、そう思っています。
モラハラ被害者には特徴があるのですよね?詳しく教えてください。
一般的には、自分に自信がない。マジメで優しい。争いごとが嫌い。すぐに自分が悪いと反省する。などがあげられています。これは、確かにそのとおりです。 しかし、わたしのご相談経験から言えば、そのような女性ばかりではありません。自分の意見なら、もっているし主張もできる。容姿にだって、とくにコンプレックスはない。仕事も人間関係も順調だった。そんな、才色兼備な女性も、被害にあっています。決して、弱い女性ばかりが、モラハラをされるわけではないのです。
どうして夫はモラハラをするのでしょう?
夫が、モラハラをする。これにも、理由は様々です。モラハラという概念を最初に 提唱してくださったマリー=フランス・イルゴイエンヌ さんや、日本でモラハラを広めてくださった加藤諦三先生は、モラハラをするひとを、自己愛に問題がある、とおっしゃっています。
ただ、私にご相談下さるクライアント様のケースに限ってお話ししますと、 自己愛に問題がある方ばかりではないです。それよりも、以前の夫婦喧嘩がおわっていない。誤解や先入観がある。などが原因のことが多いです。これらの場合は、 夫婦の、コミュニケーションを見直すことで、関係が良くなっていますよ。
自己愛性人格障害であれば、離婚しかありませんか?
じつは、わたしの父が、この自己愛性人格障害と思われます。 自己愛性人格障害の場合は、妻の工夫次第で、爆発を抑えることはできます。ただ、モラハラ自体を、完全になくすことは、できません。 対策としては、いかに、自分の心を守るのか?に尽きます。
でも、一生、そのような努力をしても、結婚を添い遂げたいか?または、別の人生を選ぶか?
その決断は、 奥様が、どう生きていきたいのか?そのお気持ちしだいです。
ちなみに、わたしは、父に対し、対処はできます。が、対処してまで、共にいたいとは思いません。ですから、ほぼ、絶縁をしています。

夫のモラハラ、言葉の暴力に決別する方法

モラハラの深刻度は「夫のモラハラ度数×奥様の個性」の掛け算で、変わります。

私がご提供するカウンセリングでは、旦那様にはノータッチ。

奥様の感じ方やコミュニケーションだけを、調整しています。

そして、ご相談下さる奥様の8割は、旦那さんのモラハラ沈静化に成功。

離婚直前から、関係を好転させていますよ。

楽になりたい!こんな生活はいやだ!

そう思うあなたは、まず、こちらをお読みになってくださいね。

モラハラを解決するコツや、モラハラを解決した奥様の体験談をお送りしています。

同じような環境にある美人妻さん達の頑張り、嬉しい報告、すごく励みになるし、気持ちが痛いほどわかるので、幸せになっていく姿、自分の事のようにとっても嬉しいです。

私は決して「美人」ではありませんが、いつも早山さんのメルマガで「美人さん」と言われるとなんだか心地が良いです。もしかして私「美人さん」なんじゃないか!?と思ってしまうくらいです…(*´-`)

(事実ではなくても)褒められるって嬉しいですね。少し気持ちが上がります。

モラハラ自体は解決には向かっていませんが、メルマガを受け取ってからは以前よりも前向きな気持ちになっている気がします。これからも言ってください「美人さん」と!

なお、わたしがお伝えする、モラハラ解決の方法は、強引な力で旦那様のモラハラを封じ込めるものではありません。

ですから、旦那様にも、ストレスはありません。そして、あなたを楽にしかしないです。

どうぞ安心して、ご自分のペースでお試しになってみてください。


登録後、すぐに第1回目のメールをお送りします。

受信トレイに来ない場合は、迷惑フォルダなどチェックしてくださいね。

アドレス icloud.com、docomo、ezweb へは、不在となることが、よくあります。

おそらく、迷惑メールフィルタが強化され、フィルターに弾かれてしまっている可能性が高いです。

お手数ですが、登録前に sakura.souyama@gmail.com のアドレスを受信設定してください。

あなたにちゃんと、届けたいです!

夫のモラハラ 言葉の暴力に決別する無料メールレッスン
お名前(名字)  *
メールアドレス  *