【モラハラ】ご相談者の声:夫婦共働きで喧嘩ばかり。産後には完全にモラハラになった夫!私の家事育児にダメ出しをして、感謝の強要をする。ムカついてたけど、この作戦ならうまくいく。離婚回避できる!

早山そうやまさくらです。

・モラハラ解決のコツ
・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方

をお伝えしています。

出産したあとに、夫婦仲が急激に悪化してしまった。旦那が、モラハラ化してしまった、というご相談は、ダントツに多いです。

こちらの美人さんは、娘さんをご出産し、数カ月あとに職場復帰をしました。

旦那さんは家で仕事をしていて、家事も育児も何でもやってくれる。

それはありがたいのだけど、旦那さんたら、自分でやったことをいちいち得意げに猛アピール。

いっぽうで、奥さんがやることにはいちいちダメ出しをする。

彼女は、気分が病んできていた。

じつは、旦那さんは再婚。

前の奥さんから、「あなたはモラハラ!もうやっていけない!」と離婚されたのだそう。

で、彼女は旦那さんのことを

「やっぱりこの人、元奥さんのいうようにモラハラなの???わたし、離婚したほうがいいのかな???」と悩み、ご相談くださいました。

そして、カウンセリングから半年後、こんなご連絡をくださいました。

離婚しないで大丈夫そう。

やっぱり褒め褒め作戦がらくですね。

いろいろやってくれてありがとね。

「いろいろできてすごいよね。」「ほんと助かるよ。」って、いうと、機嫌よくいろいろやってくれるんです。

仕事から、家に帰ると、家の中を、きれいにしてくれてるし、ごはんを、作ってくれてるし。しかもおいしいし。

だからわたし、家事には手を出さずに、彼にほぼお願いする方向です。

たぶん、仕事辞めて家にいるようになったら、ダメになると思うから、仕事は絶対続けます。

彼女は、専門職についているキャリアウーマン(って、今も言うのかしら?)。

お仕事にすごくやり甲斐をもっているそうです。

お仕事、とてもできるのだろうなあと、感じました。

いま、なにが起きていて、それはなにが問題でどこをいじれば解決するのかな?を、感情抜きで、サクサクとお考えになっていく、ご様子が、印象的でした。

感情抜きでサクサクと

じつは、優秀な女性の皆様、この傾向があります。

そして、男女は対等だという意識が強く、約束とか義務とか、また能力などを重視しているんだな、とも感じることが多いです。

もちろん、これって、素晴らしいことだと思います。

ただ、こと、男女の関係になったときには、ほんの少し、感情をもちこんで、ほんわかと、接したほうが、まあるい関係になるのですよ。

ほんわか、というのは、男性を立ててあげる、ということです。

「男性を立ててあげる」という、この感覚に、抵抗がある方も多いとは思うのですけれど、ここはもう仕方ないことだと、ご理解されたほうが、ご自分が、いい思いをできるのですよね。

もちろん、夫婦の関係は対等です。それは確かです。

妻が夫に対して、精神的に、へりくだってしまえば、それはそれで、モラハラ関係に陥る危険性があります。

とはいえ、それも、バランスの問題です。

あまりに強く、「わたしたちは対等だよ」という感覚を、押し出してしまえば、今度は、男性としてのプライドが立たなくなってしまう。

というのは、男性って、プライドの生き物なんですよね。

奥様から、頼られ、尊敬さることを、どうしようもなく渇望しています。

頼られることで、自分の能力と言うか、存在意義を感じられるのだと思いますよ。

世の中が、いくら男女平等になっても、妻からの承認欲求が消えないのは、DNAレベル。

きっと、理屈じゃ、どうしようもないのです。

だから、妻も子も、ちょっとくらいは、チヤホヤしてあげたら、いいです。^^

キャイキャイ言ってあげれば、ご機嫌君でいてくれるなら、お安いものだと思うのですが、あなたは、どう思います?

というわけで、彼女には、こんなご提案をしてみたのでした。

—–

旦那さんが、家事をしてくれて、いちいち得意げに猛アピールしてきたら、「すごねー、さすがだねー、ありがとねー」って褒め褒めしてあげる。

いっぽうで、奥様がやることにはいちいちダメ出しをしてきたら、「そうだねー、あなたにはかなわないよねー」とかなんとか、負けてあげるのです。そして、かわいく、「だから、もっとお願いね❤」と要求しちゃうんです。

それを続けていれば、旦那さんの承認欲求も満たされ、やがて、アピールもなく、奥様へのダメ出しもなくなっていくと思いますよ。

—–

と、この内容を、すぐに腑に落とし、実践し、そして、円満な関係に導いた彼女は、やはり、論理的思考が素晴らしい。

やはり、才女さんなのでした。^^

あ、ちなみにですね。

産後に、夫がモラハラ化する件について。

もちろん、結婚や出産を機に、妻を所有物にしたかのような感覚に陥り、余裕をぶちかましてモラハラ化する男性もいるとは思います。

でも、女性のホルモン問題も、影響している可能性も強いですよ。

生理前もそうですが、産後の女性は、なにかとイライラします。(わたしも、そうでした)。

長い期間、クライアント様とやりとりをしていると、「あ、もうすぐ生理だね?」ということが、わたしにもわかってきます。

感じること、おっしゃることが、マイナスなものに変わるので。^^

ただ、それも、ご自身では、気づかないみたいです。が、「もうすぐ生理じゃないかな?」とご指摘するだけで、「あー、ほんとですねー。だから、マイナスに考えちゃってんたんですねー」と気づかれ、そこからは、いつもの安定を取り戻されたりしています。

自分が、今、ホルモンに影響されていると、気づくだけで、ぜんぜん、状況が変わるのです。

また、漢方や、安定剤を服用することで、旦那さんへのイライラがおさまってきたというクライアント様もおられます。

というわけで、自分のホルモン問題も、意識してみること、大事だと思いますよ。

【モラハラ対処】ご相談者の声:プライドがエベレスト級に高く、すぐに傷つくモラハラ夫にはコミュニケーションの構文を使うと楽ちん。「これなら夫を傷つけずに、自分の気持ちも大事にできそうです。」
早山そうやまさくらです。 ・モラハラ解決のコツ ・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方 をお伝えしています。 プライドの高い夫に腫れものを触るように接さなくちゃいけない? 一口に夫がモラハラといっても、その原...

愛しい美人さん

これからも、お幸せにいてくださいね。

カウンセリングのご予約はこちらです。

モラハラカウンセリング:離婚か関係修復か?夫婦間のモラハラ、言葉の暴力に決別するカウンセリング。加害者・被害者とも相談可能です。
モラハラ関係を抜けて、夫も妻も幸せになるためのカウンセリングです。モラハラは、自分も相手も、お互いに幸せになる思考とコミュニケーションを身につけことで、解決できます。モラハラ関係に陥るには、様々な原因があります。その原因を明確にし、あなたのご夫婦の場合は、どうしたら、モラハラ改善ができるのか、解決までお付き添いいたします。自分を守りながら相手も傷つけない。愛の循環するモラハラ解決法をご提供しています。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました