【モラハラ対処】ご相談者様の声:そこまで言う?ふだんは優しい夫の正論がきつい。もしかしてモラハラ?でも、堂々と振る舞います。

早山そうやまさくらです。

・モラハラ解決のコツ
・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方

をお伝えしています。

正論で責めてくる夫に、緊張してしまう

いつもは優しい旦那さん。でも、とにかく頭が良くて、ときどき、すごいちゃんとした、正論で責めまくってくる。

それが、メチャクチャきつい。傷ついてしまう。

だから、旦那さんといるときには、ちゃんとしなくちゃ、と、緊張してしまうようになりました。言いたいことが言えなくなりました。

そう聞かせてくださる美人さんたちの多くは、頑張り屋さんで、かつ、劣等感が強いことが、多いのですよね。(自己肯定感が低いとも言う。)

そして、この劣等感さえなくなれば、ピタッと、傷つかなくなったり、するのです。

夫は、ふだんは優しいです。

でも、お酒を飲んだり、なにかのきっかけでスイッチが入ると、すごいきついことを言ってくるんです。正論ではあるんですけど、そこまで言う?って、泣きたくなります。

夫のことは尊敬してます。頭がいいですし、仕事もできます。友だちに会いに行くときも、お金をくれます。

こんないい旦那さんは、たぶんいないんです。

こんなに恵まれてるんだから、贅沢は言っちゃいけないと思ってました。

それに、夫の悪口を言って、家族や友達からの夫の評判も落としたくないんです。

たまに夫に攻撃されてきつくても、我慢しなくちゃ、悪口言ったらイケナイと思ってました。でも辛かった・・・

さくらさんと話してたら、頭の中がすっきりとして、自分にとって、ぜったい守りたいものはなにか、わかりました。

夫とは、これからもずっと離婚する気はありません。

でも、夫にこれ以上傷つけられるのはいや。

これからは、夫に感謝してることをしっかり伝えます。

それに、私も、夫にもらってるばかりじゃないから、自信をもって堂々と振る舞います。

胸のつかえがとれました。ありがとうごいました。

こちらの美人さんの旦那さんは、いつもは優しくて、たまに正論という感じなので、奥様のほうが、劣等感をなくし、自信をとりもどすことで、傷つきづらくなりました。

正論て、人を傷つけやすい

正論て、ほんとに、人を傷つけやすいものですよね。

「わかってるけど、できない」なんてこと、人間生きてれば、やまほど、ありますよねえ。

だから、いちいち、何かができないことやミスで、落ち込んだりする必要ないのだけれども。

がんばり屋の美人さんなら、できない自分のことを、もう既に、自分で責めてしまっているんですよね。

そこをさらに、旦那たる存在の人が、責めてくる必要なんてないじゃん!

もっと、妻に、思いやりをもってほしい!

だって、できないところを、さり気なくフォローできるのが、大人の男ってもんじゃないの?

って、感じですよね。

でもさ。

でもさ。

じつは、そんなことくらい、実は、旦那さんも、わかっているかもしれないですけどね。

それこそ、「わかってるけど、できない」というところなのかもしれませんね。

わかっているからこそ、ふだんは優しくて頼れる男でいようと、けっこう、頑張ってくれているのかも知れませんね。

そうはいっても、旦那さんも人間ですから、ふと、緊張を緩めたくなることもあるでしょう。そして、それは、精神衛生上、すごく大事なことではあるのですよね。

ストレスが溜まっていて、正論がとまらなくなるのかも

ところで。

もし、旦那さんが正論で責めてきたりしても、ねちっこさや意地悪さ、悪意を感じないのであれば、それ、じつは、モラハラというほどでもないのではないでしょうか。

だからと言って、妻を傷つける言動を、正当化してはだめなのですが・・

でも、ストレスは、溜まっているのかもしませんね。

そして、自分が頑張っているからこそ、お酒が入り、少し気が緩んだ時に、いかに、自分が頑張っているかをわかってほしくなったり、自分の理想を、妻のあなたに、押し付けたくなったりするのかもしれませんね。

ほんとうは、あなたにではなく、自分自身に話しているのかもしれませんよ。

もし、「ああ、そうかもしれないな」、と感じることろがあれば、意識的に、旦那さんの愚痴をきいてあげる時間を、もってみるといいかもしれません。

この時は、傾聴、といって、うんうん、そうなんだね、それでそれで?頑張ってるよね、と、共感、受容、承認を意識して聴いてあげるといいと思いますよ。

ぜひ、癒やしてあげてくださいませ。

【モラハラ】ご相談者の声:夫婦共働きで喧嘩ばかり。産後には完全にモラハラになった夫!私の家事育児にダメ出しをして、感謝の強要をする。ムカついてたけど、この作戦ならうまくいく。離婚回避できる!
早山そうやまさくらです。 ・モラハラ解決のコツ ・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方 をお伝えしています。 出産したあとに、夫婦仲が急激に悪化してしまった。旦那が、モラハラ化してしまった、というご相談は、ダントツ...

こうなら、モラハラである可能性

けれど、たまに、ではなくて、常に正論で責めてくる旦那さんもいますよね。

そして、ああ言えばこう言う。わざと?と思うほど、話が噛み合わない。

その時の目を見たら、なんか、冷静そう。ニヤついてる。え、もしかして、わざといじめて、楽しんでるの?とびっくりする。

もしくは、ギラギラしちゃってる。もう、意識がぶっ飛んじゃってる?自分に酔ってる?と気味が悪くなる。

こうなると、きついな、と言うレベルではなく、完全に攻撃となりますよね。

自尊心が傷つけられ、次第に生きるエネルギーが吸い取られていってしまいます。

こうなれば、モラルハラスメントとして、対処することが必要になるかもしれません。

それと、モラハラとして行う正論攻めって、よくよく聞くと、論理に矛盾がありまくります。

始まりと終わりの主張が真逆になっていたり、以前言っていたことと、ぜんぜん違う主張であったりします。

この場合は、妻が劣等感をなくし、自信を取り戻すことをベースとした上で、旦那さんの特性を理解することも必要になってきます。

また、しっかりと、旦那さんとご自身の間に、ビシッとバシッと、心理的な境界線をもつことは、必須です。感情的に、巻き込まれていかないように。

その上で、愛をもった上から目線で、見守るスキルが身につけば、ご自身の心を守ることができます。

【モラハラ】ご相談者の声:妻に暴言を吐き、他人を口汚く罵る夫でも、そんな悪いところも受け入れて対等な関係になりたいと思ってた。私が強くなったら、夫のモラハラ言動、不機嫌が悪化しなくなった。   
早山そうやまさくらです。 ・モラハラ解決のコツ ・そもそも、モラハラが成立しない関係の作り方 をお伝えしています。 「君ってほんと、まるまる太った子豚ちゃんみたいだね」 「彼女は、太陽みたいな人だけど、君はひっそりと輝...

きつい言葉も、「ふーん、あなたはそう思ってるんだね。大変そうだね。よしよし。」という具合に、受け流せるようになっていきます。

ここまでできれば、ずいぶんと、夫婦関係は平和なものに変わりますよ。

そのお手伝いは、カウンセリングでさせていただきます。

モラハラカウンセリング:離婚か関係修復か?夫婦間のモラハラ、言葉の暴力に決別するカウンセリング。加害者・被害者とも相談可能です。
モラハラ関係を抜けて、夫も妻も幸せになるためのカウンセリングです。モラハラは、自分も相手も、お互いに幸せになる思考とコミュニケーションを身につけことで、解決できます。モラハラ関係に陥るには、様々な原因があります。その原因を明確にし、あなたのご夫婦の場合は、どうしたら、モラハラ改善ができるのか、解決までお付き添いいたします。自分を守りながら相手も傷つけない。愛の循環するモラハラ解決法をご提供しています。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました