モラハラ、パワハラされがちなら、自分の守り方を覚えよう。愛と感謝を見せるほど、攻撃してくるヤツは、いるのです。

モラハラ、パワハラ対処のお手本はキリンさん!

早山さくらです。

モラハラな旦那さんだけでなく、職場における女性同士のお付き合いでも、悩んでいた美人Kさんと、ほぼ5か月ぶりに、お会いしてきました。

ますます美しくなられていたので「綺麗になりましたね」が第一声でした。^^

前回、お会い時は、笑顔を見ることができませんでした。

自信がなさそうで、元気がなくて、ほんとうに辛そうだったのです。

でも、今日のKさんは、たくさん笑顔を見せてくださいました。生命力、人生へのしなやかさを、感じさせていただきました。

そして、こんなことをおっしゃってくれました。

さくらさんが教えてくれた、「夫の不機嫌は夫の責任」が、ほんとにそうだなーと思って。

そうしたら、すごく、楽になって。

何か言われても、言い返さなくなったんです。どうせ、言い返しても、怒るだけですから。

そうしたら、夫は「なんで言い返してこないの?」っていう顔してますけどね。

いま、子どもたちにも「お父さんの不機嫌は、お父さんの責任だから、気にしないでいい」って言ってるんです。

さくらさんが、おくってくれるメルマガは、建てまえ、抜きですね。

わたしの周りのひとは、みんな建前ばかりです。みんな、人を悪く言わないんですよね。人をいい人だ、いい人だ、と言うけど、そんなの嘘ですよね。

おかしな人なんて、たくさん、いますよね。

結局ね、モラハラって、自分の生き方の問題ですよね。

相手は変わらないんですけど、自分が変わると、関係が変わるんですよね。

このお言葉のすべて、わたし、嬉しかったです。

モラハラ、パワハラされやすい人とは?

モラハラやパワハラをされる人の多くは、人が大好きですよね。人と仲良くするのが大好き。協力し合うのが大好き。

口癖が、「いい人」「ありがとう」「応援してる」とか。トラブルとか不穏な雰囲気とかがすごく苦手な平和主義な方が多いです。

そして、人を悪く思うことを、自分に禁じてる方が多いのです。誰かを悪く思う自分を恥じたりしちゃうのですね。

でも、あなただって、聖人君主じゃない。

苛ついたり、嫌だなと思ったり、この人苦手だなと思ったら、それでいい。

人を悪く思っても、あなたがひどい人なわけじゃない。

平和の象徴であるガンジーさんだって、ナイチンゲールさんだって、「なにコイツ、変な奴」と誰かを思うことくらい、あったと思いますよ。

*でも、無自覚に人を不快にすることで、モラハラ、パワハラされている人もおりまする。ご参考に、こちらの記事もご覧ください。

モラハラ、パワハラされるのは、自己肯定感の低さゆえに、相手に失礼なコミュニケーションをしているからかも

人のことを、悪く思ってもいい!

だって、世の中には、男女問わず、変なヤツ、いっぱいいるんです。

善意全開でいたら、利用しまくってくるヤツが、いるのです。

愛と感謝を見せるほど、攻撃してくるヤツは、いるのです。

この人、なんか苦手、と思うのは、その人から自分を守るセンサーです。

だから、その「この人、嫌だな」っていう違和感には、敏感でいてほしい。

(でも、すべての人をそういった、穿った目うがっためで見るのもバランスが悪い。だからセンサー精度を上げることが大事です。)

そして、戦うべき時は、ビシッとバシッと、戦うべきなのです。

では、どう戦えばいいのでしょう?

まず、こんな小手先対応で、身を守ろう

鈍感なフリをする

まずは、相手が不機嫌になっても、とにかく放置。鈍感なフリをするんです。

相手の不機嫌に気づいていません、という感じ。

だからといって、冷たいという感じでもなく、ただ、単に自分の楽しみに夢中になっています、って、そんな雰囲気でいるといいですよ。

キリンのように堂々とゆったりと

動きのイメージは、キリンさん。

堂々と、姿勢よく、しなやかで、ゆったりと、でも敵意のない、澄んだ目で。口元は少し口角をあげた感じがいい。モナリザの微笑を意識するといい感じ。

そして、物理的に、上から目線です。(感情的に、自分を人よりも下に置いてはなりませぬ)。

話す時も、基本、口数は少なめに。早口はやめよう。いつもの1.5倍ほど遅いペースを心がけるといいかな。

即答しない

それから、イエスかノーかを聞かれるようなことが、あっても、焦って答えないこと。

そう言われても、オドオドしてしまうかもしれないけど、最初は、ハッタリでもいいんです。

これを続けていけば、モラハラ、パワハラの攻撃は、少しずつ鎮まっていきます。

ーーーーー

でも、これらは、小手先の対応策でしかありません。

小手先対応で時間稼ぎしながら、根本解決を!

どうぞ、知っておいてほしいのです。

モラハラもパワハラも、するほうが悪いのは確か。

でも、ハラスメントを、されやすい傾向があなたには、ある。それも、確かなのです。

それについては、変えたほうがいいだろうし、変えない限り、離婚しても、転職しても、誰かしらから攻撃をされ続けてしまう。

だから、とりあえず、小手先のハラスメント対策で身をかわしながらも、根本解決をすすめてほしい。

なにが、根本解決かといえば、自分軸(自分の考え)をしっかりもって、自分を大好きになること。

自分のことを、人からも自分からも傷つけさせないと決めること。

それには、相手と自分の間に、しっかりと心の境界線をもち、それを実践するためのコミュ力を磨くことです。

境界線をもつというのは、自分と相手は違う人間だ。自分の問題と相手の問題を、混同しないということです。

さらに言えば、相手が機嫌が悪いのは、相手の責任と、腑に落とすこと。相手の不機嫌をどうにかしようとしないこと。怒ってるなら怒ってていいですよ、と大らかに、放置できる人になること。

同時に、自分の機嫌も自分の責任と意識すること。自分の喜怒哀楽を、共有してもらおうと、人に期待しないことです。

おまけ

ところで。旦那さんからのモラハラに悩む美人さんに、お伝えしたいことがあります。

ほとんどのお客様が、夫にモラハラをやめてほしくてご連絡をくださいます。そのお気持ちは、ほんとによくわかるつもりです。

でも、正直な話、旦那さんがほんとにモラハラをやめるかどうかは、ご自身が変わり切ってから(自分軸をもつ、自分好きになる、境界線をもつ)でなければ、わかりません。

けれど、ほんとに変わったら、旦那さんがモラハラだろうとなんだろうと、あなたの幸せに、あまり関係なくなります。

なぜなら、その時になれば、あなたは、ご自分の幸せにむかって、一直線に向かい始めてしまうから。「わたしは私で勝手に幸せに生きていく」って、思えるようになっています。

だから、旦那さんといることで、自分を不幸にするとわかったら、迷いなく離婚を決意できるほどになってしまうから。

そして、ここが矛盾のように感じるおもしろいところなのだけど、こうなると、旦那さんは、あなたにモラハラができなくなってしまう。

旦那さんとあなたの間に、モラハラが成立しなくなるんです。

だからといって、彼が本質的に変わったのかどうか。とりあえずモラハラしなくなった旦那さんを、あなたが愛していけるかは、神のみぞ知るわけです。

場合によって、あなたのほうが、旦那さんを捨てるかもしれません。^^

でも、とにもかくにも、あなたがお幸せになることだけは、確定しています。

【カウンセリング】夫婦関係改善、毒親・アダルトチルドレンからの卒業、職場の人間関係改善/モラハラ・パワハラ対処、被害者体質・加害者体質改善、共依存を断つ
わたしが、ご紹介するモラハラ解決法は、怒ったり、憎むのは、苦しい。モラハラ夫にも、愛をもって対処したい。そんな方に、むいています。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました