子ども、家族に無関心。なのに、外面だけは異様にいいモラハラ旦那にモヤモヤする。離婚はしないことを前提とした対処法ある??

穏やかで優しくて、親や友達からは、「穏やかで優しくて、いい旦那さんだねー」と言われる旦那さん。

でも、それが外面だと、奥様は、モヤモヤしますよね。

「ほんとは、家では、子ども、家族に無関心。家事も育児も一切しないで、威張ってるんです。」「友達、知り合い、会社の人、芸能人、政治家、あらゆる人を悪く言う。その悪口を聞かされるのが、ストレスなんです。」「ホントの顔を知らない親や友達から、あんなに、いい旦那さんだから、あなたは幸せよねーと、なぜか、自分が下に扱われるのが、ストレスなんです。」「夫の本当の姿を、世間にバラしたいような衝動にかられて、必死で止めることがよくあります。」

そんな女性のお悩みを、よく伺っています。

キラキラな俺演出のために、家族を利用する夫

夫は、Facebookの投稿に命をかけている。

家では会話すらしないなのに、他人には、やたらと評判のいい夫の二面性にモヤモヤする。気味悪い。

子どもが小さい頃には、「俺、いつも、子どもの面倒を見てます」的な写真が多かった。ほんとは、お世話なんて全然してなかったくせに、いかにも、いつもお風呂いれてますとか、週末は子どものお世話してます、みたいな投稿。

ほんとは、写真をとる一瞬、子どもを抱っこしただけ。あとは、子どもが泣いたって、顔をあげさえしなかった。子どもが近づいていっても、関心をみせず、ずっとスマホをいじってた。

夫のイクメン風投稿の裏で、バタバタと子どもを見ていたのは、わたしひとり。

でも、夫の投稿を見た人たちからは、「旦那さん、子ども見てくれて、いいねー」と声をかけられた。わたしは、その頃から、夫の外面の良さに、ムカついていた。

当時はよく、喧嘩した。というより、私は泣いて訴えた。でも、夫は、自分を正当化ばかりで、絶対に、謝らなかったし態度を変えなかった。逆にわたしが、怠惰でダメな母親扱いをされた。何を言っても、話し合いが成立しない夫に、わたしは疲れ切り、そこからずっと不仲。話せば喧嘩になるし、ほとんど食事も一緒にしない。

夫は、完全にモラハラだと思う。

子どもが小学校に入った頃からは、景色とか、豊かな自然とか、高級そうな食事の写真とか。リア充っぽいキラキラ写真をアップするようになった。これらは、わたしたち、家族と行ってるものじゃない。仕事でもない。たぶん、浮気相手がいるんだと思う。

わたしが見ることも予測できるはずなのに、そんな写真をアップしまくり、ぜんぜん悪びれないなんて、人として終わってる。きっと、旦那は、罪悪感なんて、もっていないんだと思う。

夫は家にいて、子どもたちとも、関わろうとはしない。それが、ほんのたまに、子どもたちをゲームに誘う。なのに、自分が飽きたら、きゅうに黙り込んだりするので、子どもたちのほうは、夫にとても気を使っている。

そんな夫が、先日、子どもたち(だけ)を誘い、キャンプにでかけた。(わたしは家で留守番をしていた)。

キャンプに行けば、さすがに、子どもたちに集中するだろうと、わたしは期待をしていた。

でも、帰ってきた子どもたちは、つまらなかったと言う。聞けば、家で過ごすのと変わらなかったらしい。夫と子どもたちの間で、会話など、ほとんど、なかったというのだ。「パパ、バトミントンをしようよ」「海辺の方に行ってみようよ」と誘ったらしいが、スマホばかりをみて、ちっとも相手にしてくれなかったのだという。

そんな様子だったのに、Facebookを見れば、子どもたちと楽しくすごしていたかのような投稿をしている。

男飯だか、キャンプ飯だか、たしかに美味しそう。よく見えるアングルから、がんばって撮影したのだろう。そこに、子どもたちの姿を、自然な感じでいれているのは、ぜったい計算。写真を撮るときには、「楽しい顔して」と、要求されたそう。

ムリに笑った子どもたちの写真は、母親のわたしには、痛々しく見える。そこに、「お子さん楽しそう!」「いい父親で素敵ですねー」、なんていうコメントがついている。夫は、さぞや満足なんだろう。「たまには家族サービスしないとね」なんていう返信をしてる。ムカムカする。ちなみに、夫の自慢のコールマンやらスノーピークやらの、キャンプグッズも、しっかり写し込んでいて、さらにさらにムカムカする。(夫にはキャンプ仲間がいて、その仲間内では、道具もちとして、崇められてるっぽい)。

とにかく、キャンプに子どもたちを誘ったのは、いいパパアピール、リア充アピールをすることが目的だったのだろうと思ったら、パパと遊べると喜んでいた子供たちが、かわいそうで泣けてきた。

夫は、すべてが計算づくなのだ。ほんとに腹立たしい。家族への愛情など、ないくせに、他人へのアピールがうますぎる。

こんな外面ばかりの旦那に、このまま、父親の都合で、振り回されていたら、子どもたちは、心を病んでしまわないかな。わたしは、最近は、夫が帰ってくると、動悸がする。ずっと、頭が痛い。

こんな生活がこれからも続くのかと思うと、うんざり。気が遠くなる。

だからといって、離婚するかと言えば、それは現実的じゃない。わたしは、子どもたちを養う自信がない。悔しいけど、このまま家族を続けるしかない。

なぜ夫は虚構の世界に生きるのか?

このように、自己演出にかけるエネルギーが半端なく高い。虚構の世界では、活き活きキラキラとしている夫に、「嘘つき!」と、憤怒している奥様は、おそらく、世界中にいらっしゃるのでしょう。

「そのキラキラSNS投稿は全部嘘です。虚構の投稿の舞台裏では、心をズタボロにされた家族が泣いています!」

と、世界にむけて叫びたい気持ち、わかります。

もちろん、SNS投稿を、仕事の成約に結び付けるために使う男性もいますよね。その仕事の成約が家族の幸せとして還元されるなら、SNSで、少しかっこつけるくらいなら、全然いいのですよね。むしろ協力だってしますよね。

でも、そうではなくて、目の前の家族を大事にしないで、でも、他人には、家族思いを装う。SNS投稿の目的が、「人に、いい人と思われること」であることに、多大なる違和感、気味の悪さを感じるのではないでしょうか。

そして、夫にとって、自分や子どもたちの存在が、なんとも軽すぎることに、絶望しているのではないでしょうか?

あるお客様は、「夫の嘘ばかりの生き方を見ていて、彼が心から満たされる瞬間など、こないだろうにと、不思議に感じる。夫をすこし、見下してみても、自分と子どもを、単なる投稿の素材としてのみ、扱われていることに、情けなさ、悲しみを覚えてしまう」と、話してくださいました。

もしも、あなたもこのお客様と似たようなお気持ちだとして。

わたしは、最初にまず、言いたいです。

あなたに、落ち度はない!あなたは、単なる素材などではない!尊重され、敬意をはらうに値する人です!

ただ、彼が、現実の家族を愛せるほど、成熟できていないだけなのでしょう。

それにしても、なぜ旦那様は、そんなふうに、嘘の世界に生きていられるのでしょう?

リアルな自分と向き合う能力のない夫は、嘘の世界に逃げ込んでいく

おそらく、きっと、彼はそもそも、自分に自信がないのではないでしょうか?

ほんとの自分では、評価されないとわかっているからこそ、なんなら、ほんとの自分では、批判される気がするから、批判される前に、「自分、ちゃんとやってます」アピールをしてしまうのかもしれません。

もしくは、理想の自分はあるのに、その理想になるためには、努力をしなくてはならない。でもその努力はできない。方法も知らない。だから、既に、自分は理想通りの男だと自分のことを騙す勢いで嘘をついているのかもしれません。

とにかく、彼が装う彼自身が彼の理想像であることには間違いないでしょうね。

でも、その理想の自分においついていない自分の無力さ、それについては、彼だって、わかっていることでしょう、無意識では。

ただ、その無意識にしっかり向き合う力は、いまのところ、彼には、ない。

リアルな自分と向き合う能力のないので、そのまま嘘の世界で生きていたいのではないでしょうか。

虚構世界にいたい夫が変わることがあるのか?

そんな夫が、自分自身と向き合い、現実の世界で幸せになる日は、くるのでしょうか?

それは・・・

残念ですが、彼のみぞ知るのでしょう。

彼自身が、その生き方に自分自身で違和感を感じる日が来れば、変わるでしょうけれど、今の嘘の世界が居心地よければ、そのままなのではないでしょうか。

もし、家族を、家族として、ちゃんと機能させたいと思う妻が、「それはおかしいよ」と気づかせようとしたとしても、嘘の人生の中で幸せに暮らしているのに、それは嘘だと気づいてしまうのは、彼なりに辛く、その辛い事実に気づかせようとする妻を、ひょっとしたらら、逆恨みさえ、するかもしれませんね。

では、妻と子どもたちは、このまま、やるせない気持ちを抱えて生きていかざるを得ないのでしょうか?

幸せは個人単位。夫とは無関係に自分で幸せになる。

いえいえ。そのやるせないお気持ちは、捨て去ることが、できますよ。

夫は夫としておいておいて、自分だけは勝手に幸せになる。子ども共に幸せになる。

それは、可能です。

あなたは、これまでは、家族みんなで幸せになることを、理想とされきたかもしれません。

だがしかし、これまた大変残念なお知らせですが、彼と夫婦関係でいる限り、それは叶わない夢なのかもしれません。

それでも、幸せになりたいのなら、あなたにとっての幸せの概念そのものを、見直してみませんか?

幸せは、個人単位のものである、と、とらえてみませんか?

わたしは、断言します。

夫がどんな人で、いま、どんな関係でも、あなたが、に幸せになることは、可能です。

夫ナシでも、わたしは、じゅうぶんに幸せだ、と思える自分をめざしてしまうのです。

夫とは関係なく、自分と子どもたちだけで、勝手に、幸せになってしまうのです。

自分で幸せになる方法とは?

と、書くと、「つまり、離婚をすすめているのね」、と、とらえる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

幸せとは、自分の心の在り方の問題です。

どんな環境にあろうとも、自分の心が楽ならば、満足なら、それは幸せ、と言えると思います。

離婚。もちろん、あなたが、そうしたいと願い、それが、あなたにとっての幸せならば、とうぜん、それは、いい案だと思います。

でも、クライアント様のほとんどは、じつは、離婚を願っていないのですよね。

まだ、手のかかる子ども、これから、お金のかかる子どもに、満足した生活や教育を施してあげるほど、自分が稼げる気はしない。不安。

だから、まだまだ離婚という選択など、できないよ、という方がほとんどです。

たとえ、お金はなんとかなるとしても、ご自身のもつ、信念、美学により、離婚することに、抵抗がある方も、いらっしゃいます。

もし、あなたも、そうならば、ひとまず、今のその環境の中で、最大限、自分が安心し、幸せになる方法を、見つけてみませんか?

つまり、ご自身の考え方や感受性を、バージョンアップさせるのです。

たとえば、こんな考え方も、ありますよ。

妊娠中、育児期に、モラハラ夫をATM代わりにする自分がやるせないあなたへ 
早山さくらです。 もともとは、面白ことを言って笑わせてくれるような明るい夫だった。 子どもが生まれたら、家事も育児も分担して、仲良くやっていけると思っていた。でも... それは、完全に、計算違いだった。 妊娠中、私の...

今の環境の中で最大限の幸せになる。その心構えとは?

たとえば、夫、父親である彼に、あなたやお子さん尊重してもらうことを、もう、はなから、諦めてしまうのは、どうでしょう?

人は、期待を裏切られるだけ傷ついてしまうから。そもそも、夫に、期待など、もうしないと決めるのです。

そのかわり、自分と子どもを、尊重、大切にしてあげるんです。

自分と子どもが楽しいな、嬉しいなと思うことを、どんな小さなこともすべて、片っ端から、やってみるんです。

いつか、夫とやりたいと思っていた趣味を、子どもと楽しんでみるとか。

夫といろんなことを話したいと思っていたかもしれないけれど、そのおしゃべりは、友人とするとか。

そもそも、夫はいない前提で生き始めたら、案外色々スムーズにいくかもしれません。 

そしてね、お子さんについてですが。

子どもの幸せは、母親の幸福感に比例します。母親が笑っている、それだけで、子どもって幸せなんです。

父親がどんなにおかしくても、そんな父親を、ものともせず、笑ってすごしてる母親の姿は、子どもにとって、自由の女神に重なることでしょう。

あなたは、お子さんの素敵なお手本となれる。

嘘を愛し、変わるつもりのない夫など、ほうっておけばいい。

あなたが、あなたらしくいることを喜んでくる子どもを、思い切り、大切にしてみたらいい。

そんなふうに過ごしてみたら、いつか、「夫が自分に関心をもってくれなかったからこそ、自分の可能性が広がったわ」「おかげでいい子に育ったわ」なんて、笑える日が、来るはずです。

とはいえです。

「なるほど。なら、わたしはわたしで幸せになろう」そう決めても、なかなかひとりで、その気持ちをキープし続けることって難しですよね。

そんなあなたのために、こちらをご用意しています。

【カウンセリング】夫婦関係改善、毒親・アダルトチルドレンからの卒業、職場の人間関係改善/モラハラ・パワハラ対処、被害者体質・加害者体質改善、共依存を断つ
わたしが、ご紹介するモラハラ解決法は、怒ったり、憎むのは、苦しい。モラハラ夫にも、愛をもって対処したい。そんな方に、むいています。

そしてね・・・

ひょっとすると、あなたが変わると、夫も変わるかもしれません。

虚構の世界から、ひょっこりと抜け出してくるかもしれません。

が、それは、また違う記事にて・・

夫(妻)はモラハラだ。これからどうすればいいの?と思うあなたがすべきこと。
わたしは、すぐに夫を怒らせてしまう。 今日も、夫に失礼のないように、慎重に、言葉を選んだはずだった。夫の都合を考え迷惑をかけないように考えて行動したはずだった。 でも、その甲斐はなく、また、夫を怒らせてしまった。 「なぜ、...
モラハラとは、精神的暴力のこと。単なる価値観の違いとは、違います。
早山さくらです。 夫(妻)からの圧がすごい。怖い。 絶対に謝らない。なにか言うと、否定をされる。ちっとも自由じゃなくて、一緒にいると、緊張してしまう。 もしかして、うちの旦那は、モラハラなのかもしれない。価値観が違いすぎる...
すぐ怒るし感謝しない。モラハラっぽい旦那には尽くさない方がうまくいく。
早山さくらです。 家族とうまくいかない。夫は、いつもだいたい不機嫌でモラハラ気味だし、自分がしてあげたことに感謝しないどころか、ケチをつけてばかり。 どうして、ありがとうの一言が言えないの?どうして、旦那は、こんなに勝手なの?ど...
なぜか怒り出し、暴言で責め、不機嫌をまき散らす旦那と、関係を根本的に良くする方法です。
早山さくらです。 旦那さんと普通の会話をしているつもりなのに、なぜか旦那さんは不機嫌になったり、急に怒り出して、なんとか不機嫌を長引かせないために毎日気をつかっていたりしませんか? 旦那さんがいつもは遅いのに、たまたま早く帰ってきた。 ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました