モラハラは治らないと言われてますが、自分自身の受け取り方、仕草などが改善されれば、相手も変わるということですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
このモラハラは治らないと言われてますが、自分自身の受け取り方、仕草などが改善されれば、相手も変わると言う事内容と、受け止めてよろしいでしょうか?
このご質問に、お答えするとき、お伝えすべき前提があります。ひとことにモラハラと言っても、ご夫婦により、モラハラが起きている原因は様々です。

たとえば、相手がモラハラと思っていたら、自分のほうが、モラハラだった、ということも、あります。

なんでも、悲観的にとらえてしまい、相手が言うことすべてを、自分への攻撃(モラハラ)に、感じてしまう人もいます。

でも、生粋のパーソナリティ障害者に、モラハラをされていることも、あります。

これらのモラハラ原因を探ることなしに、モラハラを解決することは、不可能だとわたしは思っています。

ただし、解決方法としては、とにもかくにも、自分を変えることです。

自分自身の受け取り方、仕草などを変えれば、相手は、モラハラできなくなります。

そもそも、モラハラが、成立しなくなります。

ですが、大事なことがありますよ。

「彼と仲良くするために、受け取り方や仕草を変える」を、すすめても、なにも変わりません。

これは、彼に「わたしは、あなたよりも下の立場の人間です。だから、わたしを大事にしてください。」と、懇願してます。媚びてます。

(この感覚、言葉にしなくても、あなたの醸す空気感から敏感に察知します)

相手によっては、その懇願を、要求と捉える人もいるでしょう。

モラハラする人タイプの人は、懇願されても要求されても、モラハラ欲求が高まります。

ますます、攻撃したくなります。

ちなみに、怒りの感情を向けても、ダメです。

相手に対して、醸すべきは、「わたしにモラハラするなら、問答無用で離れます。離婚します。」という空気感です。

大事なことなので繰り返しますが、これ、演技ではだめです。ほんとうに、離れる気持ちが必要です。

モラハラ解決は、テクニックではありません。精神性の問題です。

モラハラされない人というのは、モラハラなどされたら、速攻で、離れるのです。

「ふざけんな。なんでわたしが、こんなコトされなきゃいけないの?」と考えて、物理的に離れます。

お金がないとか、子どもが小さいとか、頼れる人がいないとか。

もろもろの事情があっても、なにかしらの方法を探し出して、離れます。

最終的に、離れてしまうのだから、物理的に、モラハラできないですよね。

この強い精神性をもった人は、もともとモラハラなどできない空気感を、まとっていますから、モラハラされないです。されにくいです。

ですから、あなたはまず、モラハラをされている=モラハラをさせていると、考えてみてください。

モラハラを、やめてほしいと思うなら、彼に変わることを要求するのではなく、問答無用で相手から離れる精神性を、もつことです。

そのうえで、最後の一戦を、挑むのですよ。

「てめ、わたしに、そんなことしてると、離婚になるけど、いーんだな?」と、本気で相手にかかっていくのです。

すると、結果的に、彼は変わります。

ただし、その変化の様子は、あなたの、求めるような変化とは、限りません。

ひょっとしたら、離婚になる可能性だってあります。

でも、それでも、いいはずです。

だって、その時のあなたは、ほんとうに、彼から離れていいと思っているはずだから。

ご相談のお申込みはコチラです。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

PAGE TOP