モラハラ夫(妻)に我慢は必要?ラハラ夫(妻)の嫌がらせは、どこまで耐えれるべきか?何年も悩んでいる方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自分ひとりで離婚を決断できない

早山さくらです。

モラハラ夫(妻)のモラハラには我慢が必要なのでしょうか。

モラハラの人との会話は成立しない場合が多く、あなたの常識は通用しない場合が多いですよね。

さっきまで普通の会話していたのになぜか、急に不機嫌になり無視をされる。

相手の考えと少しでも違う考えを言えば、激昂して罵られたり、すぐに機嫌が悪くなる。

なんでも私のせいにされて、自分のせいのくせに何かがあるたびに「お前のせいだ」と八つ当たりをされる。

このようなことが毎日のように起こっていると、いつまで耐えればいいのだろう。

我慢し続けないといけないのかな。

このように、夫(妻)のモラハラ行為に悩む方なら、いちどは離婚の可能性を考えたことがあると思います。

結婚すること、別れることはよくないことだし、子供もいるから別れたらお金も不安だしと、何年も悩んでいる。

でも、簡単には、答えがでない。決められないですよね?

そして、もし、決められない理由が、夫(妻)が、ほんとに、モラハラなのかを、誰かに判断してほしいけど、誰に判断してもらえばいいかわからないから、とか。

こんなことで離婚してもいいのかな?もっと我慢するべきじゃないかと、と自分の判断に自信がないから、とか。

「あなたが、自分で決められない性質」に起因しているのだとしたら、ぜひ、この記事を読んでみてください。

自分で決められるあなたに変われたら、モラハラ自体を、されなくなるかもしれません。

離婚の理由自体が、消滅するかもしれませんよ。

夫が、ほんとうにモラハラなのかが、わからない。

きっと、はた目から見れば、理想的な家庭なんだと思う。

いつもきちんとした服をきて、温厚そうに見えるうちの夫が、じつは、モラハラだなんて、人は、ぜったい信じないと思う。

じっさい、夫は、怒鳴ったりしない。子どもには優しい、いい父親だと思う。

毎月、しっかり生活費をくれるし、浮気もしない。

とくに、節約することもなく、食品を買える。服も靴も、自由に買える。ネイルやヘアサロンにも、ふつうに行ける。旅行にも、たくさん連れて行ってくれるのは、恵まれていると思う。

でも、自分への態度だけは、ひどいと思う。

夫の嫌いなものを食事にだせば、たちまち不機嫌になる。この前、サラダを出した日には、(子供がいるから食べさせたい)、「俺のことを考えてない」と怒り出し、その後、3日にわたり、責められ続けた。

田舎から、母親がくるので、家に泊めるのを当然と思っていたら、近くのホテルに泊まってもらえと言われた。

たった1泊だから許してほしいとお願いしたけれど、「俺の家だ。いやならお前も出ていけ!」と、ボソッと言われた。

久しぶりに会う母をおもてなししてあげるのが楽しみだったのに、気分が落ちてしまった。こんな気持ちで母に会っても、楽しませてあげられないから、くるのを延期してもらった。

まさか、夫が、嫌がったからなんて、母に言えるはずもなく、適当な理由をつくった。母に、嘘をつかざるを得ないのも後ろめたい気持ちになって、苦しかった。

考えてみれば、自分が誰かと遊びに行こうとするたびに、妨害されている。

「子どもをおいて、母親が、夜にでかけるなんてあり得ない」と言われて、高校時代の友達との食事をキャンセルしたことがある。夫がいるのだから、子どもを見てくれればいいだけだったのに!

幼稚園のママ友主催のクリスマス会は、子どもも楽しみにしていたから参加したかった。なのに、「お前はPTAが嫌いだっていってたはずなのに、矛盾してる」など、ちょっと意味のわからない理由をつけられて、行くのをやめた。

夫の言う通りにしておけば、それ以上、大きな喧嘩になることはない。

でも我慢していくのは、もう限界。でも、言い返したり喧嘩をするのは、怖いからできない。

もしかしたら、夫はモラハラなのかもしれないと思うけど、どうなんだろう。

モラハラなのだだとしたら、もう、離婚したい。

でも、これくらい、どの家にもあることなのかもしれないな。わたしは贅沢すぎるのかな。

離婚を考えるのは、間違ってるのかな。

モラハラかどうかは関係ない。あなたがイヤなら離婚を決断していいはずなのに。

と、辛い思いをしながらも、そもそも、夫(妻)がしていることが、モラハラにあたるのかどうかも、判断がつきかねている方も多いと思います。

あなたも、そうであれば、こちらの、チェックを試してみてください。

モラハラチェックリスト

ただし、もし、チェックリストに当てはまらなかったとしても、あなたがイヤだと思ったら、離婚すればいいのです。

だって、あなたの人生なのですもの。本来なら、誰の意見も許可も、必要ないのですよ!

自分で決める力がない。人に決断を委ねるから、モラハラされているのですよ。

でも、あなたは、「こんなことで離婚してもいいのかな?」と、無意識に、誰かの許可をもとめてる。

そんな感じに、誰かの許可を求めている限り、離婚か、もしくは関係修復をめざすのか、はっきりとした方針をだすことは、できないことでしょう。そして、いつまでも悶々としてしまうのでしょう。

ここでひとつ、考えてみてほしいことがあります。

なぜ、あなたは、自分のことを決めるのに、誰かの許可が必要なのでしょう?

もう一度いいますが、あなたの人生です。自分が嫌ならイヤなら、自分一人で、離婚を決断してもいいのです。

自由にしていいのです。決定権は、あなたにあるのです。

ところが、こんなことで離婚してもいいのかな?わたしは正しいのかな?と、自分の決断に自信がもてない。

ということは、自分の気持ちや考えよりも、誰かの意見、評価のほうが正しいと思っているということではないでしょうか?

このことこそが、夫(妻)が、あなたに対し上から言動する理由。モラハラさせてしまう理由なのかもしれませんよ。

モラハラをされる、ではなく、モラハラさせている、と考えてみよう

あなたは、夫(妻)が、言動をイヤだと思っている。モラハラかもしれないと思っている。

でも喧嘩をしたくないからと、言い返すこともなく従っている。我慢をしているならば、状況は変わりませんよね。

だって、夫(妻)は、きっと、あなたが、本当はイヤがっているということを、知らないですもの。

もしかしたら、表情などから、喜んではいないだろうことは気づいていても、離婚を考えるほど深刻ににイヤがっている、とは、思っていないことでしょう。

であれば、夫(妻)は、あなたへの態度をあらためることはしないです。

いっぽうで、喧嘩を恐れず、言いたいことを言う。「やめて!やめないなら離婚するよ」と、はっきり伝える人もいます。

それでもしつこく、モラハラ行為を続けられたら、ほんとに離婚をすると、本気で決めている。

であれば、夫(妻)は、自分の態度をあらためる可能性が、あります。

もし、あらためないなら、ほんとに家をでてしまうわけですから、物理的にモラハラが成立しないのです。

ご理解いただけるでしょうか?

モラハラは、物理的にできなくさせることが、できるのです。

ということは、短期ならともかく、何年にもわたり、モラハラをされ続けているというのは、もはや、モラハラをされている、のではない。

モラハラをさせてあげている、と捉えるべきです。

イヤだと言える、喧嘩できる、去れる人になろう

モラハラをさせてあげるということは、モラハラする夫(妻)の責任だけではないということです。

自分の責任でもあるのですから、自分を変えていくべきですね。

つまり、モラハラを容認しない人に、イヤだと言える、喧嘩できる、やばい人からは去れる人になりましょうよ、ということです。

そうはいっても、それができないから、悩んでいるんです、という声がきこえてきそうです。

そこで、こちらのお客様のご報告を、よんでみてください。

モラハラ彼に、されるがままになり、苦しんでいた彼女が、みごとに、「イヤだ!」を言えるようになった軌跡です。

彼はわがまま放題。自分の思うとおりに彼女が動かないとキレる。それが怖かったんです。

親とのときもそうだけど、わざわざ負ける言い合いをしたくなくて戦ってこなかったんです。

なかなか、それができないです。

好きな気持ちと、いっそ死んでしまってくれというひどい気持ちが混じっていてぐちゃぐちゃです😭

なんでも言っていいって言う割には、言ってもだめなほうが多いし彼のダブルスタンダードに腹が立つし、それに言えない自分にも腹が立つし泣けてきます。

カウンセリングを進める中で、彼女は、もともと、ご両親にも言いたいことを言えない子どもだったと気づきました。

そして、彼にも、言いたいことが言えていない。

だって、彼に、言いたいことを言ったらいったで、言いくるめられたり、攻撃されるはず。それが怖い、と思っていたのです。

そこで、じゃあ、どうして、言いくるめられたり攻撃されるのが怖いのか、を、考えてみたのです。すると、こうおっしゃいました。

私はある意味彼を失うことが怖いんです。

こんな私(自分でそう思ってしまう)を好きと言ってくれる人いないんじゃないかって思って…

きみはめんどくさいから俺以外むりだなと言ってくれたことやお前じゃだれとも合わないよと言われたことが引っかかっています。

彼を失ったら、もうだれも私のこと好きになってくれる人目いないんじゃないかって…😢

と、圧倒的に、自分に自信がないことに気づきました。一人になってしまうのも怖かった。

でも、だから言わないでいれば、自分の心が爆発してしまって、それもつらかった。

私は、自分で我慢しておいて勝手に爆発してしまったので彼に対してたしかに責任転嫁してしまったんだなあと思います…。

たぶん気づいてないだけでこれが今までもたくさん、あったんだと思います…。

こんな未熟な自分も、自分なんだと認めることも大事なんだとわかってきたけど彼に対して謝りたくない気持ちもあります…。

また私が悪くなって下に出るような真似をしたらいつもと変わらないし…。

めんどくさいことも、受け入れる。。できないまま終わってしまうかもしれないけど…。

ここで彼女がいっているめんどくさいこと、というのは、彼が荒れて大喧嘩になることをさしています。

どうせつらいなら、せめて、めんどくさいことから逃げないことにしようと、決めたのです

そこで、とうとう、がんばって、勇気をだしました。彼に、言いたいことを、伝えたのです。

そのあとのご報告がこちら。

さくらさん

もうなにが起きてもいいぞー!と思い、彼に電話を入れてみました…。

そしたら普通に出て、とくに怒ってもないようでした。

なんか私が自分が言えなかったことに対して自分に怒ってただけで、コントしてるみたいでした。。

ホッとしました…!なんか、変な感じです(^.^;

えー1人でごちゃごちゃ自分と戦ってたみたいって思いました💦

しかも1人で取り乱してしまって非常に恥ずかしいです…。

この体験は、ほんとにこの1年半悩んで苦しんできたなかでも、すごくすごく重要なことだと思いました♨️

ほんとに自分の一生の中ですごい体験になったと思います…!

いかがですか?勇気をだして言ってみたら、彼はぜんぜん、怒ることもなく、普通に受け入れたというのです。

一人で勝手に葛藤していたのが、コントみたいで変な感じだった、とおっしゃるのです。

ひょっとしたら、あなたの旦那さんも、彼女の彼と同じかもしれません。

「イヤ」を伝えたら、「ああ、そうだったんだ、ごめん」と、なるかもしれませんよ。

闘う力をもたなければ、ハラスメントをされ続けます。

ところで、彼女のように、自分の気持ちを伝えるのが怖いという方もいますが、自己主張することをわがままだと捉えている方。とくに、女性には、多いですよね。

人を察すること、人に合わせることが素晴らしいのだ。和を以て貴しなのだ。

そう教えられてきた大和撫子さんには、はっきりと物申すことに、ことのほか抵抗があるようです。

でもね、ちょっと話が飛びますが、世界情勢をみてみてください。

自信満々に主張する国が、どんどん強くなっていく。いっぽうで、闘う力をもたない国、戦い方をしらない国は、どんどん侵略され、多くの命を奪われている。

これって、じつは、モラハラ加害者と被害者の構図と、まったく同じです。弱肉強食なのです。

どんなに素晴らしい愛と道徳をもっていても、それをしっかりと主張し、必要な時に戦うことをしなければ、強者に侵略されてしまうのです。

事実、いま、あなたは、夫(妻)に支配され、そんなにも苦しんでいる。

闘わない限り、このまま、夫(妻)のパワーは増大し、ますますあなたを苦しめますよ。

もし、夫(妻)と離れても、闘い方を身につけない限り、これからも、支配欲の強い誰かに、苦しめられることでしょう。

ですから、どうぞ、自分を身を守る方法を、学んでください。

イヤだと言える、喧嘩できる、去れる人になってくださいね。

ご相談 お申込みはこちらです。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

PAGE TOP