お客様の声:すぐ不機嫌になる、夫婦喧嘩になる。会話にならない夫はモラハラ?離婚しかない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
モラハラ離婚

早山さくらです。

子どものこと、誰かとのお付き合いのこと。旦那さんと共有しておきたいこと、相談したいことは、たくさんありますよね。

でも、話しかけるたびに、「自分で決めろ」「そういうのは、お前にまかせてる」と言われてしまう。聞いてくれても、つまらなそうにされる。なぜか、結果的にお説教されるはめになるなど。

じょうずに話し合えないと、心が繋がっていないと、寂しくなりますね。

育児も家事も、旦那さんと協力していくのが夢だった女性にとっては、こんな冷たい旦那さんの態度に、心が折れそうになりますよね。

そして、インターネットで、旦那さんの様子を調べていくうちに、旦那さんがモラハラのする、あれやこれやが、モラハラの症状にピッタリとあてはまってしまったりして・・・。

絶対に謝ってくれない。妻の意見をいつも否定する。仕事ができて、周りの人には優しい。車の運転が荒い、などなど。ああ、そうそう、うちの旦那にピッタリだ!と。

そうか、うちの旦那はモラハラだったんだ、と思えば、腑には落ちるけれど。

モラハラは治らないから離婚しかないですよ、とばかり書いてある。

そんな情報ばかり読んでいたら、この先の結婚生活が、不安になって当然ですよね。

でもね、旦那さんと仲良しになれた、お客様の、こんなご報告を、よんでみてください。

私は昨日のバレンタインデーは、旦那の大好きなお造りと瓶ビール、そしてちょこっとチョコあげました(笑)

その時の反応は薄めでしたが、その後酔っ払ったからか、めっちゃ喋ってテンション高かったです(笑)

私、最近泣く事がほとんど無くなったなあーって思います。

それと、家事を良い意味で手を抜けるようになってきました。

前はちゃんとしたい!ちゃんとしないとって思ってたのに、それよりも大事な物が分かって、旦那も前ほどこわくなくなって手を抜いた分、余裕が生まれました。

それと、この間、旦那の新婚の友達夫婦と食事をしました。

その夫婦は喧嘩ばかりしているようで、旦那が何やらアドバイスをしてました。

「自分達も昔そうだった、何時間もの話し合いをしてきた。何かあったら頼っておいで、俺らは分かってやれる」って。

すごく上からな感じでしたけど(⌒-⌒; )

でもそれは「自分達はようやく安定してきた」と言ってるように聞こえました。嬉しかったです。

旦那も実感してるんですね。

まだ二人だけのコミュニケーションは確立してないですけど、少しずつ作っていきたいです!

旦那が可愛く思えて、手の平で転がせる事が少し増えて、余裕が生まれた自分の事が好きです!(笑)

もっともっと転がしながら、優しく可愛がってあげたいと思います(笑)

I love him❤︎です^_^

こちらの奥様は、旦那さんと仲良くしたくて、家事も育児も話し合いながら、楽しくすすめたいと思っていました。

でも、旦那さんは、ちっとも協力してくれない。帰ってきても、ずっと不機嫌だし、ときどき無視もする。

彼女が「これをしたい」ということは、すべて否定されるので、自由もない。体調が悪い時にも、ぜんぜん甘えさせてくれなかったそうです。

そして、もう離婚しなかないのかな、と、なんどか、電話相談、カウンセリングをお受けになったそうです。

そして、「モラハラは離婚しかありませんから」と、言われた。離婚したくないから相談してるのに、いったいどうしたらいいんだろう?と、ほんとに、とても悩まれたそうですよ。

そのあとに、私を見つけてくれました。このカウンセリングでもダメなら離婚しようと、覚悟を決めていたそうです。

そんな彼女とは、旦那さんが、家で不機嫌な理由、モラハラな言動をしていしまう理由を探りました。

その結果、旦那さんは、彼女を大好き。幸せにしたいと思ってるのではないかな?でも、自分には妻を幸せにする力がないのかもしれない、と不安になっているのじゃないかな?彼もまた、寂しいんじゃないかな?という推測ができました。

なので、旦那さんに、安心してもらえるよう、奥様の言動を工夫してもらいました。

「私はあなたと一緒にいられて幸せだよ。楽しいよ。いつもありがとー!」と、いう雰囲気で旦那さんに接することを、心掛けてもらいました。

その結果、旦那さんも、家の中で笑い声をきかせてくれるようになりました。

旦那さんの気持ちがわかったことで、奥様は、旦那さんのことが怖くなくなりました。

旦那さんもまた、夫婦関係を人に自慢げに話すほど、仲良しになれたのでした。

モラハラ問題を乗り越えて、旦那さんと、「あの頃は不仲だったよね」と、振り返ることができるようになったら、泣けるほど、幸せですよね。

あなたの、モラハラ夫も、ほんとうは、あなたを大好きかもしれない。

なにやら、傷ついてて、寂しがっているだけなのかもしれない。

暴言も舌打ちも、ほんとうは、泣きたい気持ちを、抑え込んでいる、その表れなのかもしれない。

「だって、ポックン、泣いちゃいけなんだもん、だって、男の子だもん」と、我慢してるのかもしれない。

ほんとうは、「怖がる」に値しないのかもしれない。

もしかしたら、旦那さんのほうも、あなたを怖がっているのかもしれませんよ。

あなたも、モラハラする旦那さんの本音を、探ってみませんか?

ご相談 お申込みはこちらです。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

PAGE TOP