お客様の声:浮気を疑い、妻の実家を敵視していたモラハラ夫が、優しいパパに なりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早山さくらです。

旦那さんは、もともと、愛情深い人であることは知っている。でも、アルコールに依存してしまったり、多額の借金をつくってしまったり。

そちらのほうは落ち着いたけれど、こんどは、モラハラになってしまった。

そんな旦那様をもつ、才色兼備な奥様のお話を、ご紹介します。

奥様は、家事も育児も、完璧に、こなしていました。親戚や、友人知人には、礼を尽くして、丁寧に、お付き合いをしていました。

また、旦那さんの、多額の借金返済にも、文句をいわず、協力してきた。

「こんなに愛情をもって尽くしている」と思う奥様には、自分が夫に、ここまでひどい仕打ちをされ続ける理由が、まったく、思い当たらなかったのです。

そのうち、旦那様は、奥様の浮気を疑うようになり、自分の実家も、奥様の実家も、敵視するように、なりました。

些細なことで、キレる。暴言を吐き、無視、威圧、モラハラの限りをつくしてきました。

奥様は、悲しみ、怒り、苦しみました。

浮気を勘繰られる

でも、じつは、奥様のほうにも、旦那様の、アルコールや借金、モラハラを助長するところが、あったのです。

彼は、もともと、劣等感が激しくて常に心が不安定。自分の義務も責任も果たさず、イライラを身近な人に八つ当たりという形で発散する癖がある。

今のところ、彼は、そうやって、まわりの人をコントロールする。モラハラ的な生き方しかできない人なのです。

いっぽうで、奥様は、そんな彼のモラハラ行為を、容認するような対応ばかり、してきてしまった。

モラハラ行為を容認しておいて、それをイヤだと嘆いているわけです。

責めるわけではありませんが、これは、客観的に、矛盾しているのですよね。

モラハラされるのがイヤならば、なぜ、自分は、夫の不当な扱いを受け入れてしまうのか?

なぜ、自分の不快な気持ちを抑えてまで、モラハラ夫から、離れないのか?

なぜ、夫の機嫌をとりつづけているのか?誰のために、それをしているのか?

モラハラ関係になっているのは、誰の責任なのか?

を、冷静に見つめてみてみなくてはなりません。

今日は、旦那は、気が向いたらね!って言いながら、私の車を洗い、週末なので、家事がいつもの倍以上あって、追われているので、

子供達の上靴磨きをお願いしたら、絶対嫌!と言われましたが、洗って干しててくれました。

そして、息子君の〇〇〇練習が終わって、バタバタと夕飯作ってる時にお風呂洗ってと頼んだら、すぐに洗ってくれました。

すごくいいパパになったと思います。

彼女は、自分を見つめてみた結果、離婚しないのは、けっして旦那を思ってのことじゃない。自分のためなのだ、と、認めることができました。

夫のせいにするのを、やめました。

そして、彼がすべきことに口もださないが、手もださない。放置するように心がけた。

そのかわり、自分のことは自分で決めるし、旦那がいなくても生きていける人になること。

夫の人生は夫のもの、私の人生は私のもの、との線引きを、意識したのです。

その結果、少しずつ、旦那さんは、穏やかになってききました。

元も子もない表現ですが、モラハラされるのが嫌ならば、離れればいいのです。

物理的に離れれば、今ほど頻繁には、つらい仕打ちをされることは、なくなります。

それでも、離れないということは、離れないことによるメリットが、必ずあるのです。

そのメリットを認識する行為は、自分で知りたくなかった自分を知ることであるかもしれません。それは、一時、とても、しんどいかもしれません。

けれど、自分の心の奥底までを知ることで得られる安心感は、他のなにものにも代えがたいですよ。

自分を知り、自分のすべてを受け入れる。それでこそ、ほんものの自尊感情は、もてるものです。

ほんとうに自分を大切にする、愛する。すると、夫にどんなモラハラ行為をされようとも、もう、それまでのようには傷つかなくなります。

そして、自分が安定すると、相手の様子も、また変わってきます。

モラハラ行為は、決して許されるものではないと、私も思います。

ただし、何年にもわたり、モラハラをされ、傷つけ続けられているとなれば、もう、モラハラしてくる相手の問題ではなく、モラハラ行為をさせ続けてしまう、あなた自身の問題なのですよ。

ご相談 お申込みはこちらです。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP