モラ夫よ!テメエにわたし、はもったいない!(おほほ、お口が悪くてごめんあそばせ)

早山さくらです。

モラ夫さんとの、メールやラインを見せていただき、録音をきかせていたき、思うこと。

美人さんたち、かわいそすぎる・・・

読んでて、聞いてて、私の胸が苦しくなります。

だって、あなたたちは、マトモだから!

勝手な妄想で責められて、叱りつけられてる。

「そんなことない」「「そんなこと思ってない」と言っているのに、まだ、怒っているモラ夫。

彼、異常だよ!異常ですよ!

愛のある人ならば、あなたの言うこと、信じるよね。信じようとするよ。

自分の気持だけを、押しつける。お前は、間違ってるとか、裏切ってるとか。わかってくれよとか。謝れとか。言わないですよ。

確かに、彼は、可哀そうな生い立ちかもしれない。

両親に恵まれなかったかもしれない。本当は、孤独かもしれないし、わかってほしいのかもしれない。

でも。そんなの、世の中の、ほとんどの人が、そうだから!

彼が特別に、ものすごく、不幸だったとは、言えないでしょ?

なんなら、私も不幸だったし、うちの旦那チンだってわりと壮絶。だいぶ、普通じゃない家庭で育ちました。

それでも私は、おそらくまともだし、うちの旦那チンはモラハラじゃない。あなただって、そうでしょう?

大概の人は、成長の段階で、自分の生きづらさに気づく。

自分で自分を変えていく。自分で自分を育てるんです。

そして、パートナーを傷つけずに一緒に生きていく術を、身につけるのです。

彼女や奥さんに、自分に合わせることを、要求なんてしない。

お互いに、納得のできる妥協点を探る。

少なくとも、自分の言い分だけを主張して、それが通用しないと思った時に、反省しろとか、謝れとか、言わないです。

いつまでも、グチグチ責め立てたりしないです。

たしかに、あなたにだって、非があるのでしょう。なにか、彼を傷つけることをしているのでしょう。彼からすれば、ね。

でも、だから何?あなたの言動の根底には、いつだって、彼への愛がある。

愛情ゆえにしたことが、たまたま彼の、意にそぐわなかった。だからって、そこまで大袈裟に騒ぎ立てる?

あなたの愛を無視して、あなたの人格を全否定。お前を信じられないって?

ざけんなよ!上等じゃねーか。

お前って、ほんとに、人の気持ち、わかんねー男だな。成長できない男だな。ちっちぇー男だな。

お前なんか、マジいらねー!お前の世話になんか、ビタ1文世話にならねー。

つうかよ、てめーにわたしはもったいない!

って、後先考えずに、出ていけちゃうくらいなら・・・

モラハラになんて、あわないのにね。

ほんとうに、あなたたちは、優しすぎるのです。

わたしが、あなたたちにお伝えしているのは、けっきょくのところ、意地悪になる技術なんですよね・・。そりゃ、難しいよね。

でも、頑張ろうね。

夫のモラハラ 言葉の暴力に決別するメルマガ

夫のモラハラ 言葉の暴力に決別する無料メールレッスン
お名前(名字)  *
メールアドレス  *